×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > フルマラソン都道府県制覇の道 > 1〜10レース



1〜10レース(2004年11月〜2009年11月)




第17回日本最西端与那国島一周マラソン(2009/11/14・沖縄)〔24km〕
東京マラソン2009(2009/3/22・東京)〔フル〕
第28回つくばマラソン(2008/11/30・茨城)〔フル〕
第18回かすみがうらマラソン(2008/4/20・茨城)〔フル〕
第27回つくばマラソン(2007/11/25・茨城)〔フル〕
第26回佐倉朝日健康マラソン大会(2007/3/25・千葉)〔フル〕
東京マラソン2007(2007/2/18・東京)〔フル〕
第26回つくばマラソン(2006/11/26・茨城)〔フル〕
2005成田POPラン大会(2005/11/6・千葉)〔ハーフ〕
2004成田POPラン大会(2004/11/7・千葉)〔ハーフ〕



第17回日本最西端与那国島一周マラソン(2009/11/14)




沖縄滞在を延長してこのマラソンに出場しました。日本最西端のマラソン大会を逃す手はないでしょう。

宿で知り合った人と一緒に参加しました。応援に来てくれた人もいました。
今まで1人で黙々と走っていたマラソンとは全く違ったレースになりました。

スタート前から皆でわいわいおしゃべりをしてリラックスムードでした。
レース中も沿道の声援に応えて手を振ったり返事をしたりして、本当に楽しく走りました。
参加者が少ないから参加名簿で名前を確認して名前で応援してくれたのが嬉しかったです。

さて、コースはというと、24kmという距離ながら前半のアップダウンが激しくてハードでした。
さらにスタート前から晴れ間が出て気温が上がったのも厳しかったです。
それでも前半ゆっくり後半スパートの得意パターンで納得の走りができました。

記録は2時間20分35秒で47位でした。24kmは150人くらいだったから悪くない成績です。
1km6分を少し切るペースなので現時点では満足です。

レース後、ふれあいパーティーという打ち上げみたいなのがありました。
最初は表彰式で、その後は飲めや歌えのドンチャン騒ぎ。牛汁も刺身も天ぷらも酒も参加費込みって。(笑)
しかも17時開始の21時終了。レースより長い打ち上げってなんだよ。(爆)
伝統芸能の演劇の時に「おひねり」が飛ぶって、もうただの宴会じゃんと思いました。
至れり尽くせりのマラソン大会でした。また走りたいです。

記録:2時間20分35秒
順位:47位



東京マラソン2009(2009/3/22)




3回目の開催となる東京マラソン、倍率7.5倍をくぐり抜けて出場しました。
今回はレース2週間くらい前に右ヒザを故障して、関節痛との戦いになりました。

朝は曇り空で雨はなく、2007年の時みたく寒さで震える事もありませんでした。
相変わらずの人の多さでしたが、おかげで今回も人の流れに付いていって迷う事はありませんでした。
2007年の時と違ったのは持ち物チェックがあった事くらいです。

最初の頃と違って周りを見る余裕もあり、雨が降ってなかったので都庁が見える所で着替えました。
新調したデジカメの記念すべき1枚目は都庁となりました。
荷物を預けてからトイレに並んでたら時間ギリギリでした。
道路なのに満員電車のような状態で、それを抜けて何とかスタート地点に辿り着きました。
今回は持ちタイムが上がってたのでスタート地点が見えるブロックからのスタートでした。
近くには荻原健二さんや古田敦也さん、ワッキーさんやエドはるみさんがいて、かろうじて顔を見れました。

Point_スプリット_ラップ_通過時間
5km_00:38:59__09:48:59
10km_01:11:22_0:32:23_10:21:22
15km_01:39:22_0:28:00_10:49:22
20km_02:09:22_0:30:00_11:19:22
25km_02:37:37_0:28:15_11:47:37
30km_03:12:25_0:34:48_12:22:25
35km_03:52:53_0:40:28_13:02:53
40km_04:40:06_0:47:13_13:50:06
Finish_04:55:52_0:15:46_14:05:52

スタート地点の通過時間が無いので詳細は不明ですが、自分の時計で4時間52分くらいでした。
正確な記録は記録証待ちですが、届く頃には自分は沖縄旅行に行っちゃってるでしょう。

ラップを見て意外だったのですが、25kmまではそんなに悪いペースではないです。
しかし実際は15kmすぎから右ヒザ痛を発症してました。
30kmを過ぎてからは地獄でした。痛みで走れなくて歩きに切り替えながら何とか進んでる状態でした。
ただ、体力は有り余ってたので、沿道や景色を眺めながら最後まで行けたというのはあります。

これから沖縄に行ってる間の約半年間はランニングをしないので、右ヒザの状態が気になるところです。
とりあえず日常生活では痛みもなく、これといって支障がないので病院にも行かないつもりです。
しかし再びランニングを再開した時にまた痛むようなら病院に行かないといけないでしょう。
最悪、何らかの致命的ダメージが右ヒザにある事も考えておかないといけないです。

実はレース前は右ヒザ痛に随分凹んでいました。自分にとって初めての故障だったからというのもあるでしょう。
でもこのレースで、記録を狙わずコスプレランナーとしてマラソンを楽しむ事もやろうと決意しました。
自分のマラソン人生、まだ終わらせません。

記録:4時間51分50秒
順位:12791位



第28回つくばマラソン(2008/11/30)




3年連続の出場です。3時間30分という明確な目標タイムを設定して練習してきた成果を見せる時がきました。

行きの電車ではJRで信号トラブル、つくばエクスプレスでは大会参加者で満員になった車内で具合が悪くなった人が出るなど、朝からプチトラブルに見舞われました。
それでも無事到着し、後は3度目で勝手知ったる場所を他の参加者と共に会場まで歩きました。
今年は芝の張り替えで立ち入り禁止区域があって受付場所も変わってましたが特に問題無かったです。
どこに何があるか分かってるので、適当な場所で着替えて荷物預けて余裕を持ってスタート位置にスタンバイできました。
晴天で気温も上がって寒いとは感じませんでした。ゆっくりストレッチをしながら市長の話を聞いたりしてました。

そしていよいよスタート。参加者で大混雑しててスタートラインを越えるまでは走りだせませんでした。
最初の1kmは5分30秒くらいでした。その後は5分から5分10秒くらいで快調に走りました。
一般道コースに出ると向かい風が結構あるなという感じがしました。自分はなるべく他のランナーを風除けにしながら走りました。
ただ、あまり風除けを意識して横移動が多くなると体力の無駄使いなので、そこは気をつけました。

10km通過が52分くらいで、3時間30分(1km平均5分)という目標タイムを考えると十分でした。
ただ、後半追い込みタイプとはいえ、これ以上1km5分ペースから遅れるとマズイと思って1km5分を意識して走りました。
ちょうどこの頃に気温が高いと感じました。日差しもあってオニューのランニンググローブが無くてもいいくらいでした。
でもオニューのランニングキャップは役立ちました。メッシュ地なので熱がこもらなくてグッドでした。

記録証によると中間点通過が1時間51分15秒です。自分はこの時3時間30分は余裕だと感じていました。
それくらい順調だったし肉体的余裕もありました。この後ペース上げていけばイケルと思ってました。

しかしそう甘くないのがマラソンです。
自分ではペースを上げてるつもりが実は思うほど上げれてなかったんです。脚にダメージがジワジワきてたんですね。
30km通過時点でも設定より約2分遅れてました。こうなると、もうスパートするしかありませんでした。
でも遅れを取り戻そうと気負って逆にオーバーペース気味になってしまって34km辺りで苦しくなってしまいました。

もうダメかもと思った時に、ゴボウ抜きをしていた自分を抜くランナーが登場しました。
30km過ぎてスパートした自分を抜くなんて、今までの走破タイムでは無かった事なので驚きました。
その時、「このランナーも3時間30分を狙ってるな」と思い、それなら絶対離されたらイカンと思って必死に食らいつきました。
結果的にはこれが良かったのかなと思ってます。自分を理想的なペースで引っ張ってくれました。
36kmを過ぎた辺りではラストスパートができるくらいにまで回復しました。回復っても苦しい事に変わりはないですが。

このコースは35kmを過ぎてから坂が2つあって、どちらも大した坂じゃないんですけどマラソンの後半だと物凄くキツイんです。
とにかくこの坂でペースが落ちすぎないように必死に走りました。
時計見る余裕もないくらい必死だったんですが、残り2kmの表示を見て時計に目をやると3時間19分台でした。
残りを1km5分ペースなら3時間30分切れると分かって、そりゃもう必死で前を走るランナーを追い続けました。

そして競技場に入って最後のラストスパートをしてゴール。

手元の時計は3時間29分4秒! やった!! 目標達成だ!!!

足はガクガクで立ち止まったら動けなくなるのが分かりました。
それでもゴール後に係員の「立ち止まらず奥に進んでください」の言葉は何度聞いても「ムチャ言うなや!」と言い返したくなります。
言い返す元気さえあればですが。

今年の給水所にはクリスタルカイザーとソイジョイが用意されてました。アミノバリューは有料。不況の波か。
1口目のソイジョイの固いこと固いこと。クリスタルカイザーと一緒じゃないと飲み込めないくらいでした。
この時ばかりは歯の弱いお年寄りの気持ちが痛いほど分かりました。
1時間かけてソイジョイ3本とクリスタルカイザー4本(2リットル)を胃にブチ込みました。

記録:3時間29分3秒(中間点:1時間51分15秒)
順位:1760位/8169人中
参加賞:エコバック

後半のハーフを1時間37分48秒。1km平均4分40秒で走った計算です。
ハーフマラソンでどれくらいの記録が出るのか試したくなってきました。

*追記:スタートライン通過が号砲から3分1秒後のため、実際の中間点通過タイムは1時間48分14秒でした。
そして後半のハーフが1時間40分49秒でした。それでも1km平均4分50秒切ってます。
前半のハーフも1km平均5分10秒くらいで、前後半で見ると理想的なペース配分になってます。



第18回かすみがうらマラソン(2008/4/20)




過去最多の2万188人がエントリーしたかすみがうらマラソンに出場しました。
当日受付がなく家にナンバーカードとRCチップが送られてくる方式は、朝の混雑を回避する意味では最適のようです。
参加人数の割に会場までの人の流れはスムーズでした。電車は超満員でしたけどね。
外にロッカーも設置してあって楽にスタート準備ができました。
天候は曇り、しかしながらスタート前には晴れ間も見えるくらい回復してました。風は少し強かったです。

さて、レースの方ですが、自分は後半追い込み型を決め込んでいたので前半は楽なペースで走るつもりでした。
しかし完走証に記載されているスプリットタイムによると、最初の10kmが56分39秒、次の10kmが54分9秒でした。
もう1km5分30秒ペースが楽に感じるくらいには実力がついてるみたいです。
まぁ、途中でいいケツした女性ランナーを追ってオーバーペースになったりしましたが。(爆)

中間点通過が1時間57分5秒。想定内にしてほぼ予定通り。
前半は緩やかなアップダウンがチョコチョコあって地味に疲れるコースだと思います。
しっかりペースを確認しないと、速すぎたり遅すぎたりしてしまいそうでした。
その中で理想的なタイムで乗り切れたのは大きかったです。

23kmくらいからはほぼ平坦コースで、自分もある程度ペースを上げていきました。
ちょうどその頃に小雨がちらついたりしましたが、走りに影響は無かったです。

20kmから30kmのスプリットが46分18秒、30kmから40kmが48分54秒。
1km5分を切るペースで後半を押し切れたのは収穫でした。多少スピードアップもしているようです。
ただやっぱりラスト3kmでスタミナが底をついて根性で走りました。

ゴールタイムは3時間41分48秒。なんと自己記録を更新しました。
正直、今回は練習不足だと思っていたので更新できるとは思っていなかったのです。
予想以上の結果に驚きつつ、今年の目標である3時間30分に向けた課題も見つかりました。
今回の記録更新は2分弱だったので、ここが1つの壁なのかもしれませんが、糸口を掴んだので何とか頑張ります。

記録:3時間41分48秒
順位:1724位/9733人中
参加賞:Tシャツ(+れんこんめん)



つくば市制20周年記念第27回つくばマラソン(2007/11/25)




昨年に引き続き出場したこの大会、自己記録を打ち立てたゲンの良いコースでもあります。
今年は快晴で気温も上がってマラソン日和とは言えなかったものの、風が強くなくて走りやすかったです。

つくばエクスプレスは相変わらずの大混雑、着けばトイレには相変わらずの行列。
昨年より仮設トイレの数を増やしたと言っても焼け石に水という感じがしました。

今年は早め早めに行動して何とか号砲をスタートの行列の中で聞く事ができました。
でもなかなか動かない人だかり。結局スタートラインを通過したのは号砲から5分以上も過ぎてからでした。

序盤は走りのリズムができるまで少しゆっくりめのペースで人ごみの中を走りました。
それでも最初の10kmを55分なので、自分でも昨年よりは実力が上がってると感じました。
5kmすぎで見つけたツインテールの女の子が自分のペースと合ってたので15kmくらいまで追走してました。
軽いストーキングです。(マテwww

17kmくらいでハーフ2時間のペースから遅れている事に気付いて少しペースアップしました。
で、ハーフ通過は1時間57分。これでは昨年と同じくらいのタイムになってしまうと思って、さらにペースアップ。
ちょっとこの辺りは飛ばしすぎだったかなと思ってました。
でも今計算してみると、30km通過が2時間44分だったので9kmを47分ペースで、実はそれ程でも無かったようです。
ただ足に疲れが溜まってきてたからそう感じただけみたいです。

33km辺りで足にキたのですが、必死にペースを保って走りました。
そして残り2kmで人生最高の渾身のラストスパート!
タイムはなんと3時間43分39秒!!!
自己記録を10分以上も更新しました。

ゴール後は足がガクガクプルプルでした。ソイジョイが固く感じるくらい体力を消耗してました。
救護所でコールドスプレーをしてしばらくはヘタリこんでました。

記録:3時間43分39秒
順位:2877位/7909人中
参加賞:トートバッグ

ウエストポーチにチョコ入れてこまめにエネルギー補給したのが大正解。これからの必需品決定。
昨年は75歳に負けたが今年は71歳に負けました。70台全員を負かすには3時間30分を切らないといけない。
なのでこれからの目標タイムは3時間30分です。



第26回佐倉朝日健康マラソン大会(2007/3/25)




東京マラソンから1ヶ月ちょっと。再びフルマラソンに挑みました。
電車で30分、高橋尚子や有森裕子を育てた地、千葉県佐倉市。
尚子ロードや裕子ロードを走るという、マラソン好きにはたまらないレースです。
しかし天気はまたしても雨。
ひょっとして俺って雨男?(吐血)

参加人数が少ないお陰で楽に(4時間の)ペースメーカーを見つける事ができ、25km過ぎまでずっと追走してました。
でも雨と強烈な向かい風に4時間ペースすらキツく感じさせられました。
風除けの無い畑の中のコースを走ってる時はモロに喰らって最悪でした。
28kmあたりからコースが狭くなって動きづらくなってイライラした俺は思わずスパート。
すると前は意外とガラガラ・・・皆ペースメーカーに群がってたんだな。
しかし走りやすくなったはずなのに俺のペースは35kmを前に急降下。
結局4時間のペースメーカーにも追い抜かれ39km付近まで歩きながらストレッチして給水ポイントで栄養補給。

そして残り3kmから渾身のラストスパート。
一度歩いてしまうと走り出すのは困難なのがマラソン。
しかし前回の二の舞だけは絶対嫌だったので根性見せました。
そして最後の最後に待ち構えてた坂も何とか歩かずに上りきってゴール。

記録:4時間5分52秒
総合順位:991位
参加賞:Tシャツ

結局、一度も歩かずに完走というのができなかった今季。下半身強化が最重要課題。



東京マラソン2007(2007/2/18)




石原慎太郎都知事の東京五輪招致に向けた戦略とも言われる東京マラソン。
都知事の思惑はともかく、この記念すべき第1回大会に抽選をくぐり抜けて参加する事ができました。

当日は豪雨。あぁヒドイ豪雨でした。まさか2回目のフルマラソンでこんな目に遭おうとは思ってもいなかったです。

JR新宿駅から地下道らしき所を人の流れに任せて歩いてたら更衣室があったのでバナナ食いつつ着替え。
雨用の装備を一切せずに半袖短パンという今から思えば無謀な服装でした。
荷物預けるトラックが外だったので雨に降られながら人ごみを掻き分けて指定のトラックの所まで行きました。
そこでちょっとした雨避けの簡易カッパを配布してたのでそれを着て所定のスタート位置に行きました。
そしてスタートまでの待ち時間、雨が降る中を延々と待たされて体は冷えきってました。
本当に最悪の天気でした。

遠くの方でスタートの号砲が鳴るのが聞こえ、しばらくは選手で大混雑の中を走るというには遅すぎる速度で進みました。
俺がいたのは完走タイム5時間の集団だったのだが、10分かからずにスタートラインを越えました。
2万という参加選手がいる割には速かったんじゃないかと思います。

5km毎のスプリットタイム
START〜5km:27分53秒
5〜10km:30分32秒
10〜15km:26分47秒
15〜20km:26分20秒
20〜25km:26分29秒
25〜30km:25分30秒
30〜35km:26分52秒
35〜40km:38分47秒
40〜GOAL:35分24秒

25〜30kmの25分30秒はヤバイです。完全に飛ばしすぎです。ちょうど雷門の辺りで調子こいてた時です。
観客の声援でアドレナリン出まくってたんだろう。

それを差し引いてもこの日の気象条件からすれば全体的に少しハイペースです。
飛ばしすぎのツケは残り3kmでモロに出て、完全に徒歩。
しかも歩くのがやっとという危機的レベルでした。
次々と自分を追い抜いていく選手達の背中を見ながら、意地でゴールまで辿り着きました。

記録:4時間24分35秒
順位:9715位/19494人中
参加賞:Tシャツなど色々。

寒さ対策&ペース管理の大切さを知った大会でした。



第26回つくばマラソン(2006/11/26)




ついに初のフルマラソン挑戦!

朝は5時すぎに起きました。朝食にはモチを食べて6時には家を出ました。
JRで南流山まで行って、つくばエクスプレスでつくばまで行きました。
初めて乗ったのですが、大会参加者でギュウ詰めでした。(汗)
沿線はまだまだ開発途上で、道路以外は更地に近い景色も多々ありました。

つくば駅を出ると、いかにも街全体が急発展しました的な新しさでした。
駅から筑波大学の敷地内を通り抜けて大会会場まで歩いたんですが、これが意外と遠かったです。
何気に30分近く歩いたんじゃなかろうか。いいウォーミングアップにはなったかな。

受付を済ませて着替えながらバナナとアクエリアスで栄養補給。
荷物預かりには長蛇の列でスタート時間に間に合いませんでした。
結局スタート地点を15分遅れで通過。折角コースが空いてるんだからと気楽に行きました。

自分ではゆっくりのつもりだったのに11km53分。はやっ!
でもトイレ行きたくなって並んでたら10分弱ロス!
折角の頑張りもトイレの魔物に無かった事にされてしまいました。

しかもそこから追い上げようにも延々と続く人の数珠繋ぎ・・・参加人数増えすぎてコースが狭い。
元々15分遅れだった上にトイレ休憩で、5時間のペースメーカーを抜くのに15km以上かかりました。

遅れを何とか取り戻そうとハイペースになってしまったせいで、30km過ぎてから地獄を見ました。
ふくらはぎがパンパンになってズキズキ痛んで走るのがマジで辛かったです。
37kmあたりで何度か立ち止まったものの、まだ何とか4時間以内にゴールできると分かって気力を振り絞って走りました。

そして感動のゴール。ゴールする前から涙ぐんでしまいました。人生初の嬉し泣きでした。

ゴール後は1時間くらい立てませんでした。やっと立っても、ふくらはぎ痛くてヒョコヒョコ歩きでした。
そんな状態でも記録証と参加賞のTシャツを受け取った時には、走って良かったなぁって思いました。

スタート前には人の多さに来年は来ねぇとか思ったけど、やっぱりまたここで走りたいです。

記録:3時間55分4秒
総合順位:3941位/7181人中
参加賞:Tシャツ

世代別順位の表彰をしてた時に、75歳が俺より速いタイムでゴールしてた事が判明。
ちょっとだけ萎えた。



2005成田POPラン大会(2005/11/6)




昨年のリベンジを期して臨んだ今年。
天気は曇り、心配された雨も無く気温は低い。まさに絶好のコンディション。

朝は消化の良いモチを食って、レース直前に食べるバナナと薄めたアクエリアスを持って出発。
昨年は早く着きすぎて時間を持て余したので今年はキッチリ時刻表を調べた。

開会式の様子
昨年は小出監督や千葉真子選手が来て選手も群がってたんだが、今年はみんな黙々と自分の準備。(笑)
でもちょっとゆっくりしすぎたか、トイレに並んでたらスタート5分前とか聞こえて焦った。(汗)

そしていよいよスタート。
昨年の反省から、序盤は抑えて行こうと最初から決めてた。
最初の1キロを6分10秒、ほぼ予定通り。
まだ選手が入り乱れてる状況だから自分のペースを守る事に努めた。
周りに釣られてハイペースになった昨年の反省が活きた。

5キロ過ぎると下り坂があって、この下り終わるまではゆっくりめに走ってた。
下り終わると平坦な場所が7キロくらい続くので少しペースを上げた。
それでも1キロ5分40秒前後だからそんなに速くない。

中間点通過タイムが1時間1分、昨年は58分だからペース抑えた分だけ遅かった。
一応1時間で通過する予定だったから少しヤバイかもって思った。

ここからさらに少しペース上げて屈辱の地点へ。
昨年息があがった最初の上り坂、今年はここでスパートかましてやった!

怒涛のゴボウ抜き開始!

ここからはゴールまで誰にも抜かれなかった。
もう1キロのペースをイチイチ考えたりしない。とにかく2時間切る事だけを考えて走ってた。
ある程度の余裕を残しつつ走れるギリギリまでペースを上げた。

そしていよいよ、昨年は歩いて上ったレース最大の上り坂に差し掛かった。

一気に駆け上ってやってわっ!

ペース落とすどころか逆に上げる勢いで走った。意地ってやつよ。
そしてこの坂が終わればゴールまであと僅か。持てる力の全てを出してラストスパート。
競技場に入ってからも5人くらい抜いてゴール。

手元の時計で1時間55分46秒、マジで感動した。
昨年同様、足は今にもツりそうだったが、昨年以上の達成感を得る事ができた。

記録:1時間55分47秒
種目別順位(ハーフ一般男子16〜34歳):137位/176人中
総合順位(ハーフ男子):759位/1026人中
参加賞:Tシャツ(+青汁粉末) また青汁かwww

前半が1時間1分だから、後半は55分くらいで走り抜けた計算になる。
つまり平均で1キロ5分12秒ペース、坂がある事を考慮すると結構凄いんじゃないかと。

来年の目標は1時間40分台? ちと厳しすぎるぞ。(汗)



2004成田POPラン大会(2004/11/7)




記念すべき初ハーフマラソンは千葉県成田市で開催された成田POPラン大会。
週2回くらいのジョギングを1ヶ月やっただけでどこまで走れるのか・・・。

朝5時に起き、7時過ぎに家を出て駅へ。京成本線で京成成田駅で下車。

すんげえ霧!(゚ロ゚;

どれぐらいすんげえかと言うとこんぐらい。白く光ってんのが太陽だ(笑)
正直こんなんでレースできるんかと思ったが9時過ぎるとキレイに霧は晴れた。

受付済ませてウロウロしてたらテレビカメラの姿が。
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ- 小出監督ぅぅぅぅぅ!
さらに! 千葉ちゃぁぁぁぁぁん!!!\(゚ロ゚)/
人が群がる群がる、二人を取り囲んで携帯電話のカメラでパシャってた。
ヽ(´ー`)ノ 俺もデジカメ持参でバリバリ撮る気満々でしたがw

開会式や変なオバサン(マテw)による柔軟体操が終わり、いよいよスタートの時が迫る。
スタート地点に人が入り乱れる・・・こんなにいるのか(汗)
俺はそれなりに緊張してたが、周りは普通に雑談してて緊張感に欠けてたかな。

午前10時、スタート。
今までタイムを計った事がないから自分が1kmを何分で走れるのか分からなかった。
抑え気味で走る、1kmごとに表示があったので最初の1kmでペースが判明。
5分30秒、これが俺のペースだった。少し速い気もしたが楽に走れたのでこのペースで行く事にした。

2km11分、3km16分半、きっちりペースを守って走る。とてもいい感じだ。
5kmを過ぎると市街地の雰囲気がなくなり田舎風に。
6mあたりになると目の前に田んぼが広がる・・・(゚ロ゚;
坂を下ると先を走る選手が見える、田んぼの間をかき分けて走るようだ。
12kmあたりまでずーっと田んぼの間を走ってた。

この日は気温が高かった。軽く20℃超え、おそらく25℃くらいあったと思われる。
そんな中で日陰なんてあるはずもない道を走る、当然著しく汗が出る。
結果、スタミナは奪われペースが落ちる。
10km地点を1時間切りで通過したもののペースは上がらない。
それどころか目の前に現れた坂によりペースがズルズルと落ちていった。
何とか頑張って走ってたが残り5km付近で現れた急激なる坂にトドメを刺された。
徒歩だよ徒歩!坂を走る気力なんぞ残ってないわ!
残りは走ったり歩いたりの繰り返しでヘロヘロになってゴールに転がり込んだ。

ゴールしてから30分は動けんかった、変に動くと足つりそうだった。
ゴールでもらったアミノバリュー(500ml)を飲みながら表彰式を眺めていた。
年齢別になってるから表彰に結構時間が掛かってた。

記録:2時間10分36秒
種目別順位(ハーフ一般男子16〜34歳):166位/211人中
総合順位(ハーフ男子):862位/1009人中
参加賞:Tシャツ&タオル(+青汁粉末1杯分)

(犬´Д`)ハァハァ 次はあるのだろうか・・・