×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > フルマラソン都道府県制覇の道 > 41〜50レース



41〜50レース(2012年6月〜2014年3月)




第33回佐倉朝日健康マラソン大会(2014/3/30・千葉)〔フル〕
奈良マラソン2012(2012/12/9・奈良)〔フル〕
第33回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会(2012/11/25・香川)〔フル〕
第23回仏の里くにさき・とみくじマラソン(2012/11/11・大分)〔フル〕
下関海響マラソン2012(2012/11/4・山口)〔フル〕
2012ちばアクアラインマラソン(2012/10/21・千葉)〔フル〕
第7回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(2012/10/14・三重)〔ハーフ〕
第10回弘前・白神アップルマラソン(2012/10/7・青森)〔フル〕
第12回2012歴史街道丹後100kmウルトラマラソン(2012/9/16・京都)〔100km〕
第8回わかさあじさいマラソン(2012/6/3・福井)〔ハーフ〕



第33回佐倉朝日健康マラソン大会(2014/3/30)





体調を崩して全く走れなかった2013年を経て、以前の状態からは程遠い出来ではありましたが復帰戦を迎える事ができました。ここに至るまでの苦難を思えば走れるだけでも嬉しいという気持ちです。

朝から雨が降ったり止んだりする天気、ただ気温が上がらず走るには悪くなかったです。
今の仕事が残業続きでトレーニング不足であり体重も全然絞れてないということで4時間半くらいのスタート位置を選択しました。久々の白鳥は被る時にちょっと緊張しました。

Start 00:03:00
10km 01:04:52 1:01:52
20km 02:10:22 1:05:30
中間 02:16:29
30km 03:05:19 0:54:57
40km 04:04:27 0:59:08
Finish 04:16:32 0:12:05

走り出して5kmで体調が良くない事に気付きました。走ってて重い感じで快走感が全く無かったです。こらアカンと思いながら走ってる内に腹の調子も悪くなってきて20km手前でトイレに駆け込みました。大は流石に初めてでした。(苦笑)
でも出すモン出したら調子良くなって・・・調子に乗りすぎました。

30km過ぎてからガクッと失速。えらい苦しみました。この数字よりも失速した感覚がありました。
今年は後半の強風が無くてそこに助けられた上でこのラップだから我ながらヒドイ有様です。
初マラソンよりも遅いタイム、これが今の自分の力でした。『練習は嘘をつかない』という言葉をかみ締めてます。次の仕事は残業の少ない所にしようと心に決めました。

記録:4時間13分32秒
総合順位:2243位(4562人中)
種目別順位:479位(961人中)




奈良マラソン2012(2012/12/9)





とにかく寒かった!!!
会場付近では路面が凍結してる所もあり、レース中には雪がチラつくという厳寒ぶりでした。

寒くてレース中にトイレに3回行ったのでタイムは仕方ない。
コースは坂が長かったのに加えてコーナーが多くてリズムに乗り切れないのが特にキツかったです。人数も多いのでコースの狭い部分では思うように走れなかったのも仕方ないです。

スパートはできないし、する気も起きないという展開でした。序盤ではコースが狭い上に10kmのランナーと混在する部分があってストレスの溜まる事が続きました。なかなか気持ちよく走らせてもらえなかったというのが正直な感想です。

記録:3時間41分38秒
総合順位:1214位(7561人中)
種目別順位:394位(2129人中)

今年は自己ベスト更新ができなかったですが、空白期間を挟んでの下半期に3時間半付近のタイムを出せたのは収穫でした。



第33回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会(2012/11/25)





小豆島行きの船に長蛇の列ができた時には焦ったけど無事に乗れて一安心の早朝。
船内はランナーで満員。席が空いてなくて地べたに座ってました。天気も良くて唯一の不安だった船酔いもする事無く着きました。

ちょっと天気が良すぎて11月にしては日差しが気になるレースでしたが、参加人数がそんなに多くなかったのが幸いして給水をこまめに取れました。そのおかげで坂を何回上り下りするんだっていうハードなコースを満足いく形で乗り切れました。

坂が想像以上に脚にダメージを与えててゴール後にふくらはぎつりそうになってました。変に力入れたら確実に痛い事になってました。

記録:3時間33分13秒
総合順位:119位(1008人中)
種目別順位:16位(166人中)




第23回仏の里くにさき・とみくじマラソン(2012/11/11)





朝から豪雨!!!
聞けば23回目にして初の雨とのこと。会場も雨を想定してなくてビニールシートの更衣室が外にあったけどビッチョビチョでした。藤波さん来てたのにプロレスも中止で残念。

スタート5分前に整列しても一瞬でビッチョビチョになっちゃって、余りの豪雨と強風に笑うしかない状態でスタートしました。
海沿いでは風にあおられ、山に入れば坂にも苦しめられ、濡れてるから体温奪われて体力を削られ続けました。

30km過ぎてから雨がやみ、ゴールしてから晴れました。

記録:3時間41分6秒
総合順位:111位(544人中)
種目別順位:51位(222人中)




下関海響マラソン2012(2012/11/4)





天気は良かったけど、ずっと海沿いで強風がキツかったです。
序盤からペース上がらなくて風のせいだと思ってたら調子も上がってきてなくて、中間点過ぎるまでエンジンかかってこなかったです。

後半になって調子出てきて、さぁこれからペース上げてくぞと思ったら海に向かってかかる橋&坂。
こらアカンわと諦めモードでスパートしたら途中で速いランナーの後ろにつける事ができて予想以上に押し切れた。

記録:3時間30分22秒
総合順位:746位
種目別順位:177位(1613人中)

5km毎のラップタイムを見ると20kmからジワジワ上げていて35〜40kmで22分32秒の最速ラップを刻んでいた。



2012ちばアクアラインマラソン(2012/10/21)





1次抽選に落ちて2次で拾われての出場となったアクアラインマラソン。記念すべき第1回大会に出れてとても嬉しい。
ただ、2次抽選でという事だろうか、ゼッケンに書かれたスタート位置は最後方のKブロックだった。これはもう記録狙うとかは一切無理だと諦めて、もういっそ最後にスタートしてやろうと思った。

天気次第ではアクアライン封鎖で距離短縮の可能性もあったが当日は快晴。スタート前から日差しがキツめで10月なのかというくらいだった。しかもスタート位置が海の側で高い建物も全く無いという、スタート位置で待ってるだけで体力奪われる事態になっていた。

自分は最後方Kブロックの最後方付近でスタート待ってた。デビルマンやスパイダーマンの仮装ランナーが撮影攻めされてるのを白鳥頭で眺めていた。
いつの間にかレースは始まり、全く動く気配のないランナー渋滞がいつ動き出すのかと待ちぼうけしつつ、スタートライン越える前から給水とってノンビリしてた。

後ろを見れば最後のランナーに付き添うパトカーと数人のランナー。スタートライン手前では千葉真子さんや小出監督との握手コーナーがあって列に並ぶ。
そんなこんなでスタートラインを越えたのはレース開始15分後の事だった。

第1回大会なので仕方ないが、給水で大渋滞。明らかにスペースも人も足りてなかった。コースも道幅狭い箇所が多くて、前半は渋滞が一向に改善される気配なかった。
数が数なんでコースは仕方ないにしろ、給水は改善の余地がありすぎるかな。単純にボランティアが集まらなかったと考えると諦めるしかない。東京や大阪じゃない、まして千葉の都市部でもないのだから。

でもアクアラインを走るってのはやっぱり気持ちよかった。ペース落としてでも景色眺めながら走る価値はあった。
風はさほど強くなくて気にならなかったけど、やっぱり日差しと暑さは序盤から気になった。むしろ風が弱いせいで強調されてる感じがした。

そして沿道の声援。これは東京や大阪にも負けてなかった。園児、小学生、中学生、高校生。ハイタッチしまくってきた。奴ら、ポイントポイントで集団で待ち構えてるから1度ハイタッチゾーン入ったら200mくらい続くのな。時々勢いつけてバチコーンやってくるのいて腕ごと持ってかれそうになったりな。(苦笑)

記録:3時間48分14秒
順位:1650位(13946人中)

ネットタイムだから何とも言えんが、ほとんど最後尾からスタートしたんだから抜いた人数は今までで最多だろうな。



第7回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(2012/10/14)





2011忍者の里伊賀上野シティマラソンと合わせて三重県クリアとなった。そしてレース通算走破距離も2000kmを超えた。

レースは菰野(こもの)町で行われたのだが、なんと菰野町長も参加。しかもスタート位置は1時間45分のペースメーカーの横という、結構速い位置。
自分も同じような位置からスタートして10kmくらいまで同じくらいの位置で走ってた。町長すぐに沿道から声かかるからドコいるか丸分かり。抜きつ抜かれつだった。

9kmくらいから上りが始まって2kmくらい続いて結構キツかった。その後一気に下ってという、ハーフの割に脚にくるコースだった。
上り坂で町長を置き去り(笑)にして、無難に下りをこなしてそこそこ速いペースを維持してたんじゃないかなぁ。ラスト2kmくらいが一直線で前を必死に追ってゴール手前1kmくらいで1時間40分のペースメーカーを抜いた。

ゴール前で土佐礼子さんが待っててハイタッチしてゴール。

記録:1時間39分15秒
総合順位:428位(2234人中)
種目別順位:175位(750人中)




第10回弘前・白神アップルマラソン(2012/10/7)





記念すべき30回目のフルマラソン。ただ、まだ全盛期には程遠く体も絞れてない状態だったので無理はしない方向で挑んだ。
どちらかというと状態を確かめるという感じで、4時間を切れるくらいにはなってたらいいなぁってくらいだった。

ちょこちょこ上ったり下ったりして油断してたら知らん間に体力削られそうな感じがした。スタートしてまず下りで景色が見渡せて気持ちよくレースに入れたけど、終盤そのまま上り坂になるっていうね。
リンゴ畑を横目に走る辺りは特に細かい起伏が連続してた気がする。

前半はのんびりいって2時間10分くらいかかって、折り返してからペース上げて行けることまでそのペースを維持しようとしました。ラストの坂を上りきってからは流石に加速はつかなかったけど粘り込めたかなとは思ってます。

記録:3時間55分41秒
総合順位:353位(1380人中)
種目別順位:265位(874人中)

声優の金田朋子さんが出場、見事完走していた事が後に発覚。



第12回2012歴史街道丹後100kmウルトラマラソン(2012/9/16)





8月一杯までお遍路さんをやってて、実質の準備期間が2週間という無謀にも程があるスケジュールで挑みました。当然、目標は完走という最低限の設定だったわけですが、それすらも危うい状況に追い込まれました。

最大の敵は酷暑。台風接近中で来るか来ないかという心配は杞憂に終わったのも束の間、最高気温32度という灼熱地獄の中を走らされる事態になりました。スタートは夜明け前でそれなりに涼しかったが、日が出た瞬間から暑さが肉体と精神を一気に削りだしました。
ぶっちゃけ30kmくらいからキツかったです。70kmから先は関門との戦いで一杯一杯、デジカメで撮ってる暇も気力もありませんでした。

85kmくらいのエイドで、福井の越前大野のレースに出てた方に声をかけられて、ゴール手前で自分に抜かれたんですよーという話をしたのですが、この時ばかりはアッサリ抜かされ抜き返す事もできませんでした。というより、他人の事を気にしてる余裕が無かったです。自分がゴールにたどり着けるかどうかも分からない、気を抜いたら倒れてしまうんじゃないかと思うくらいに追い詰められてました。

最後の関門をクリアした時、ゴールまで10km以上残ってるのに泣きそうになってしまいました。そこから先はゴールした自分を想像して泣きそうになりながら走ってました。で、ゴールしてやっぱり泣きました。
マラソンでゴールして泣いたんはこれが初めてでした。

記録:13時間42分40秒
総合順位:670位(860人中)
種目別順位:599位(775人中)

完走率が50%に届かなかった試練のレース。



第8回わかさあじさいマラソン(2012/6/3)





前週の越前大野名水マラソンに続いて2週連続の福井遠征となって福井県達成となった。

JR上中駅で野宿して朝一のバスで会場入り。圧倒的に地元参加者なのだろう。すでに多くの人で会場の小学校はにぎわっていた。道路脇に停められた自家用車がそれを物語っている。

受付でまさかの遠来賞でパウンドケーキを貰った。ゴール後には抽選券で4等当ててレトルトカレーまで貰ってしまって大当たりな大会になってしまった。

コースは往復コースで行きは上り帰りは下り、前週と同じタイプだった。
ただ距離表示がほとんど無くて楽なペースで走ってたら中間点で50分以上かかってて慌ててペースアップしたが、今度は下りのくせに向かい風でオワタ。

記録:1時間37分5秒
順位:118位

1時間半が思ってた以上に程遠くてダメダメだ。上半期ラストレースでオマケのレースくらいにしか思ってなかったけど少し悔いの残るレースになってしまった。
秋にはしっかり仕上げて全カテゴリーで自己ベストを出せるくらいにしたい。