×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > 旅行記 > 18きっぷ旅行記2

18きっぷ旅行記2

旅行期間:2004年8月3日〜19日




0.はじめに

いや〜、さすがに長かったぁ(笑)

でも計画性に欠けた割にはマトモな旅をやったんじゃないかと思ってます。

今回は去年と違ってデジカメという新兵器が導入され、より内容豊かな旅行記になってるはずです。

デジカメがある事によって行動に幅が出たように思います。



1.移動編1 (8/3(火)〜8/4(水))

@ 8/3(火):津田沼→今治

津田沼4:56発
東京5:23着
5:46発
静岡9:07着
9:25発
浜松10:35着
10:50発
大垣12:44着
13:06発
米原13:40着
13:56発
姫路16:12着
16:31発
岡山17:54着
18:04発
坂出18:43着
19:45発
観音寺20:32着
20:48発
伊予西条21:59着
22:27発
今治23:03着
朝3時起きだっけなぁ(汗

快速が止まる津田沼駅まで歩かなきゃいけないから、家を出たのは4時頃だった。

で、東京に向かう列車の中でのこと。

錦糸町を出て、あと2駅ほど止まるはずなのに、車掌はこう言った。

「次は〜東京〜東京で〜す」

朝早いからって車掌が寝ぼけてどーするよ・・・バツが悪そうに言い直したし(笑

「早くも旅行記のネタげ〜っと!」と心の中で叫んだね俺は。

そして東京駅に着き、東海道本線のホームへ移動するんだが、これがやたら遠い。

快速が止まる1、2番ホームは隔離された様に地下にあるわけだ。

ホントは快速で先の駅まで行って乗り換える手もあった。

だが、こういう旅なので始発に乗って席を確実に取る事を優先した。

事実これが功を奏し、この後満員になった列車で悠々と本を読みながら行けた。

ちなみに本は「シャーロック・ホームズの冒険」である。


東京駅で駅弁を買いたかったが、そこのババァがクソだった。

準備中とはいえ、もうほとんど商品は並んでいる。なのに売りやがらねぇ。

発車時間が迫ってるのに、俺が声かけても「少し待って」しか言いやがらねぇ。

イラついて何も買わずに列車に乗ってやったぜ( ゚д゚)、ペッ くたばれクソババァ!

でもまぁ本読むのに夢中になってたらアッという間に静岡駅到着。

そしてホーム内にいいモノを発見した。

腹ペコリンリンな状態だから、食えりゃ何でもよかったかな(笑

で、豚キムチうどんを食った。ツユが濃い・・・静岡は関東風φ( ̄ω ̄*)メモメモ

食うと予想通りショッパさを強めに感じた(空腹で味覚が敏感になってたか?)


大垣駅に着いて米原行きの列車に乗り換える時のこと。隔離されたようにホームが。

背後には別のホームがあり、ここだけポツンと端っこにあった。列車は2両しかなかった。

乗車率150%くらいだったかなぁ・・・撮ってる間に席無くなっちゃった。。。(o_ _)oパタッ

でもこれが良い列車で、揺れが少ない上にレールと車輪が擦れる音もほぼ無かった。

田舎路線にしちゃ金かかってた。関ヶ原駅とかもキレイだった(関ヶ原ってなんかカッコイイ駅名だなw)


米原での乗り換えの時、俺は自分のミスに気付いていなかった。

とにかく席を確保しようと素早く乗り込んだまでは良かった、しかしここで不可解な事態が発生。

列車が予定時刻より早く発車したのだ! ほわぁい?

俺が乗ったのは・・・なんとっ! 俺が乗るべき列車と同じホームに先に来てた普通列車だったのだ!

時刻表を確認した時に何個か駅を飛ばしてた記憶があり、ここで乗り間違えた事に気付いた。

どーしよっかなーと思ってたら、車掌が「新快速へのお乗り換えは・・・」と言うのが聞こえた。

近江八幡ってゆー駅で降りるとすぐ新快速が(追いついて)来た。

事なきを得た俺はのんびり本を読んでたんだが・・・寒っ! 冷房効きすぎ!

だが案ずるなかれ。去年の反省を踏まえて今回は長袖(Gジャン)を用意してたのだ。

寒さに震える人々をよそに俺は快適に過ごした。


姫路駅に着いて乗り換えホームに行くと、駅弁が売ってたので遅めの昼飯にする事にした。

駅弁売ってたオバちゃんは城の形した弁当箱の駅弁を勧めてきた。

曰く、「容器は土産物になるよ」とのこと。しかし、余計な荷物は増やせないのでやめた。

そこで人気があるというおかめ弁当(\870)を買った。(「おかめ」の意味が分からんがw)

席は確保できたものの、満員の中で食うのって少し勇気が必要だった(苦笑

小魚の佃煮みたいなやつが美味かった・・・でもやっぱ「おかめ」の意味分からずw


岡山に着き、瀬戸大橋線へ乗り換え。

天気が良かったので、瀬戸内海と夕日のコラボは最高だった。

坂出駅では1本遅らせて1時間の時間を作って途中下車した。

駅の改札を出ると目の前にうどん屋があった。讃岐うどんは食わなきゃ損というものだ。

早速入ると若いネーチャンの元気な声に迎えられた。(自分がオッサンみたいな言い方になってるな)

少し悩んで山かけうどんを注文した、量が結構あって卵も乗っていた。

手前のツユをぶっかけて食うんだが、このツユもダシが効いてて美味かった。

うどんは強いコシがあって、山芋と卵を絡めて食うとバリウマだった。

腹が満たされたせいで、この後の列車の中では終点の度に車掌に起こされた(笑

乗り換えで降りた時の駅周辺は不気味なくらいシーンとしてて、田舎っぽさがにじみ出てた。


今治駅ではほとんど人も無く、駅内のベンチで寝てた。

すると不意に変なバアさんが話し掛けてきた。こっちは眠いのに勝手に色々聞いてきやがる。

適当にあしらって寝直してたら、駅を閉めると言う駅員に起こされた。

仕方なく駅を出て寝床を探してたら、瀬戸内バスのバス停があってベンチを見つけた。

最上の寝床を得た俺は朝までグッスリだった。


A 8/4(水):今治→松山

起きると駅はとっくに開いてたのでキヨスクでオニギリ買って朝食を済ませた。

外は前日から台風の影響で小雨が降ってて駅を出ようとは全く思わず、昼頃まで本を読んでた。

「シャーロック・ホームズの冒険」を読み終え、さらに「四つの署名」も読破した。

やっぱりホームズシリーズは何度読んでものめり込んでしまう、時間を忘れる面白さだ。


昼過ぎの列車に乗って松山に向かった。今治-松山間の運賃は920円だった。

列車は瀬戸内海の側を走ってるので、晴天ならば美しい景色が見れた。

悪天候ではそれも望めないので、着くまで寝たフリして女子高生の会話に聞き耳を立ててることにした(爆

髪の毛の話やら音楽の話やら、俺にはサッパリ分からん会話が続いててホントにウトウトし始めてた。

するとその時、眠気がブッ飛ぶ会話を始めやがりましたYO!!!

女子高生A「SMってちょっと面白そうじゃな〜い?」
女子高生B「Sは面白そうだけどMはねぇ・・・」
女子高生A「なんでぇ〜? Mもいいじゃん、どんな攻め方されるのかドキドキするしぃ」
女子高生C「Aはどっちなん? Aの彼氏はM男っぽいじゃん」
女子高生A「それが向こうもSでさぁ〜」
女子高生B、C「マジでぇ〜!?」
女子高生C「てゆーかさ、なんで分かるん? もうヤったん?」
(この後、あまりにも過激な内容につき自主規制)

列車の中で堂々とSMネタで盛り上がる女子高生・・・勘弁してくれ(吐血

寝たフリしてたので他の客の反応は分からなかったが、女子高生の声以外は聞こえなかった。

俺は寝たフリしてなかったら挙動不審になってただろうな。自分が一気に年老いた感覚になったよ。

そして微妙な空気を残しつつ松山に到着。



2.松山編 (8/4(水)〜8/7(土))

@ 8/4(水)

まず最初に、今回わざわざ松山まで行ったのは法事があったからだと言っておく。

松山に着いて親と合流、そのまま駅のレストランで昼飯(夏野菜のスパゲッティ)を食った。

飯を食って外に出ると雨が結構降ってたが、親が予約してたホテルは駅の近くで助かった。

ホテルの部屋はツインで、後から来た弟と一緒だった。


夕方頃に外に出ると雨は止んでて、ホテル近くのブックオフで立ち読みした。

結構広くて品揃えも良く、普段行ってるブックオフと遜色無かった。

1時間程立ち読みして、松山駅にあるうどん屋じゃこ天うどんを食った。

「じゃこ」とは小魚の事で、じゃこ天は魚のすり身を揚げたものだ。

宇和島の名産物であり、愛媛ではポピュラーな一品だ。


ホテルに戻ると親が酒とツマミを買って来てて、TVを見たり話をしたりしながら飲んでた。

親が部屋に戻った後もTV見てたんだが、ベッドに寝っ転がって見てたらいつの間にか寝てた(笑

(ここで1枚、鏡に映ったを撮った画像をどーぞ。ある意味見事に撮れてるw)

(写ってる携帯電話は弟ので、俺のは4年以上使っててボロボロだ。)


A 8/5(木)

この日は朝が早かったと思う。なぜならホテルの朝食を食ったから!(爆

飯食って部屋に戻って法事用の服装に着替えてホテルを出た。

荷物を駅のロッカーに預けた時、(親か弟かは忘れたが)衝撃的なものを見つけやがりましたよ!

収容できないものの欄に死体と書いてあるではないかっ!(゚ロ゚;

しかもAて・・・そんなに優先する事項なのか!?

後々判明した事だが、ドコのロッカー(旅行中に使用したロッカーってことね)にも書いてあった。


法事の場所は駅から近いので歩き、法事前に墓参りした。

親が言うには年寄り連中は口だけは達者らしく、前回の法事をサボった俺に何か言うかもとのこと。

親は俺に「(何言われても)殴ったらいかんよ」なんて言うし(爆

(殴るの我慢するのは)無理かもって5%くらい思ったが心配無用だった。

別に何事も無かったし、17回忌ともなると来てるのは(殴ると死んじゃいそうな)年寄りばっかりで・・・。

俺が最後に法事出たのは10年前だから記憶が曖昧でその時会った人の顔なんてほとんど覚えてない。

(7回忌だと来てた人も多かったしな)

法事が終わると年寄り得意の雑談が始まり、俺の後姿が親父似だとか言ってた。

俺が知ってる親父の事なんて享年52歳だった事ぐらいで声すら覚えてない。

釣りに連れてかれたのと勤めてた高校に行ったのを微かに覚えている。

親父45くらいで結婚したのかーって今頃気付いて驚く俺であった。(オカンとの年の差15以上!?)


昼過ぎに駅に戻って荷物を取り出してソコで着替え(*ノノ)キャ

見られても減るもんじゃねーし、モロ出ししたわけでもねーし・・・別にいいよね?(笑

そして市内を走る路面電車に乗って大街道で降りた。

どこまで乗っても運賃は150円で、松山市駅(松山駅とは別)や道後温泉にも行ける。

大街道は結構でかい商店街の名で、松山城へ行くロープウェイの乗り場が近くにある。

つまり目的地は松山城だ。ここへ行くのも十数年ぶり、昔を思い出して少しばかり心が躍った。


乗り場に行く前に喉が渇いたので自販機で飲み物を買った時の事。

母「あれ?」
俺、弟「;゚ロ゚)!!!!!」
弟「押すトコそこじゃないって!」
母「えっ!? あっ・・・」
俺「おいおいマジかよ」
母「あーこっちねこっち、ハハハ・・・」
俺「ネタだな、撮っとこ」

説明しよう。我が母が一生懸命押してたのは楕円のボタンではなかった。

その上の値段の部分だったのだ!!!

撮ったものを用いて説明するとこういう事だ。

母上様・・・・・・どこかのウッカリ様天然様と勝負できます(渋笑

・・・しっかりしろオカン!!!


マイマザーが痴呆の初期なのではと思う様な出来事があった後、乗り場へGO。(チケット)

あいにくリフトは工事中で乗れなかったのでロープウェイ(往復券500円)で行った。

乗ってる間、乗務員が松山城について色々語ってた。

降りるとアイスクリームや土産の店が色々あり、上に続く道は整備されていた。

登ってる途中には再就職したロープウェイがあった。周りに木が多くて見逃してしまいそうだった。

そしてやっと城の本体が見えるトコまで登ると、また食い物系の店があった。

景色も最高、遠くに見える山々、城に生い茂る木々、そしてその木々の間から見える東京タワー(違)

前日の雨がウソのような快晴で城も撮り甲斐があった。アングルもバッチリ・・・だと思ったんだけどなぁ。

出来はイマイチだが一番マシだったヤツだけ載せておく。


天守閣に行こうとしたらなんと関所があるではないかっ!(笑

大人500円小人150円・・・ボッタクリだと思わんか?(昔はタダだったぞ)

城の維持費を捻出するのも大変だという事か。

でもなぁ、こんなトコを天守閣入口にするんじゃねぇ! しかも入ったら出迎えはロッカー_| ̄|○

そしてめっさ急な階段をいくつか上がって一番上に到達、四方が開けて風が気持ち良かった。

、さっきまで歩いてたトコ道路に沿って植林された姿ロープウェイなどが見えた。

望遠鏡も置いてあって、夏休み中のお子様達(ガキ共)がハシャいでた。

順路に従って下りていくと、鎧武者、刀や槍などの武器、掛け軸や巻き物や屏風がわんさかあった。

まあそれなりに色々展示物があって良かったかな。

一通り見終わって天守閣から出て歩いてたら、ちょっと良さげなアングルを発見。

(これがいい感じに撮れてたので、この旅日記の後でデジカメのコーナーにも載せようと思ってます)


ロープウェイ乗り場前の店で弟が梅アイスを注文、俺はどれも食う気がしなかった。

帰りのロープウェイの乗務員は松山について語ってた。

「松山市は人口45万人で四国一の都市として・・・」

_| ̄|○ 他に自慢する事ないんか? 45万人超える都市なんて日本に一杯あるっちゅーねん。

井の中の蛙とゆーかなんとゆーか・・・あまり追及しても仕方ないな。


とりあえず腹が減ったので飯を食う事にし、大街道の「しなとら」ってラーメン屋に入った。

俺は辛そうな名前のラーメンを注文した。勿論3人共コレが先♪

ラーメンはそれなりに辛かったかな、ビールと合ったし。

ラーメン屋を出ると再び路面電車で松山駅に戻った。ここでオカンは帰りの電車へ。

俺と弟は駅前のバッティングセンターへ行った。(写真は翌朝撮影)

初めてのバッティングセンター、タイミング合わせるのが難しかった。

そして何より自分の身体が衰えてるのが大きかった。(´・ω・`)ショボーン

他にもゲームが色々あったので、エアホッケー競馬などで遊んだ。


でも意外と遊べるゲームが少なくて暇になったので同じく駅前にあるボウリングセンターへ行った。

この建物、ボウリングだけじゃなくてゲーセンやカラオケ、さらに銭湯まであるナイスな施設だった。

最初はボウリング、レーンの数がハンパじゃなかった。端から端までが遠っ!

1投目で親指の爪が欠けて(ちょい伸びてたから)、慌てて爪を切るというハプニングがあった。

しかしここで俺は自己2位のスコア140を記録。ガーターの後にストライクでスペア萌え(。-_-。)ポッ

弟は100に届かず調子悪いと言ってたが実際どの程度なのかは不明。

次はゲーセンで北斗の拳はじめの一歩太鼓の達人に興じた。

結果はどれもショボかったとだけ言っておく。(力もナシナシ、リズム感もナシナシ)

そしていい汗かいた後は風呂! サウナに入り泡風呂に入り水風呂に入り・・・すっかりリフレッシュ♪

風呂上がりに体脂肪と血圧のチェックをした。体脂肪率17.5%でBMIが23.2(標準)、血圧は133-79。

風呂上がりの血圧が当てになるのかは疑問だが割と普通だなぁ(笑)


運動→風呂とくれば締めは当然飲み屋だよ( ・ω・)(・ω・ )ネー

駅付近は一通り揃ってるようで、この店も駅のすぐ近くにあった。

行った時にはすでに閉店まで1時間半くらいしかなかったと記憶している。

弟が速攻でタコわさびを頼んだあたりで未成年のくせに結構飲み慣れてると分析。

俺は飲み屋行くと必ず最初にホッケを探してしまう。(オッサン!?)

そして出てきたホッケが値段の割に大きくて脂乗ってて感動した。

他にも海老やら鯛やら、お互い魚好き好き系なんで注文したのはほぼ海のモノ。

店を出ると駅に行って野宿、勿論弟も。


B 8/6(金)

寝たの2時過ぎで起きたの何時だか分からん、でもあんまり寝れなかったのは覚えてる。

とりあえず別にする事もないので持ってた地図を取り出してみる。

近くに図書館を発見、寝足りないし静かな場所で・・・って思ったんだけどなぁ。

図書館以外にも色々な施設があり、夏休みだから朝っぱらから小学生が大勢いて・・・。

それでも図書館の中で騒ぐバカはいなくて、柱に寄りかかって仮眠。

ふと起きるとまだ昼前、頭は妙にスッキリ。

本でも読もうとウロついてたら「シャーロック・ホームズの事件簿」を見つけて早速読むことに。

ついつい夢中になってブッ通しで読破してしまった(。-_-。)ポッ


図書館を出たのは夕方で、腹減ったので飯を食う事にした。

飯は松山市駅とくっついてる高島屋の駅ビルの上の方にある店で食った。

俺はカツカレーを食った、味は可も無く不可も無く。店員さんがカワイかったぞ!(笑)

そしてここで弟は帰りの途へ。


単独行動になった俺がまず探したのはコインランドリー

銀天街(商店街の名)を大街道に向かって歩いてると交番を発見、場所を教えてもらって辿り着いた。

洗濯機30分200円、洗剤30円、乾燥機8分100円。小銭はギリギリで足りた。

でも乾燥機8分じゃ少し生乾きだった(苦

この後また大街道まで戻って、昨日のラーメン屋の側にあるネカフェに向かった。

まだかなり人通りがあってソコソコ賑わってる風だ。

はなまるうどんがあったので試しに入ってぶっかけうどんを食ってみた、まぁまぁだったかな。

そしてネカフェに入店、朝方までくつろいだ。


C 8/7(土):松山→今治

ネカフェを出て再び松山市駅に行き、路面電車乗り場で待機。

狙いは坊っちゃん列車、こいつをデジカメで撮る事だ。

先に他の列車を紹介しておくと、昔からある従来型と俺が知らなかったニュータイプがある。

これからどんどんニュータイプに移行していって従来型は減っていくだろう。

そしてついに坊っちゃん列車と初対面・・・!?・・・これはどうやって方向転換するんだ?

普通の列車は前後に運転席があるので運転手が移動するだけでいい。

しかし坊っちゃん列車の場合はSL風の運転席に車両がくっついてるスタイルだった。

さぁ如何にして方向転換するのか見物だ・・・・・・(゚ロ゚;ナ、ナ・・・ナニィ!!!

合体解除!ガチャッ!ウィーーーーーン!
本体回転!ウィーーーーーン!(うんせっこらせっどっこいせっ)
付属部移動!ゴロゴロゴロ・・・(オラーッ、しっかり押せー!)
本体移動!再合体準備開始!(ピーッピーッバックしまーす)
ガシャーン!再合体完了!(おつかれー)
(中途半端にロボットアニメ風な言い回しでスマソ)

まさか人力とは・・・ご苦労さんと言うしかない。乗車料金がベラボーに高い理由はこれか?


見るもん見たら思い出したように腹減って、地下街のうどん屋たぬきうどんを食った。

店を出ると地下街のTVで高校野球を放送してた。この日が初日だったのかな。

しばらく見た後、松山駅に向かって歩いてると目の前に垂れ幕一杯の学校が。

何を隠そうこの学校こそ夏の甲子園準優勝の済美高校である。

思わぬ旬なネタとの遭遇に感激しつつ、本校舎と体育館を結ぶ通路の下を通って駅へ向かった。

そして駅では「恐怖の谷」を少し読んでから列車に乗った。

この日は晴天、列車から見える瀬戸内海の景色は最高に綺麗だった。

今治に近づくと、しまなみ海道も遠くの方に見て取る事ができた。

景色に見とれてたらアッという間に着いちゃったよ。


オマケ
継続は力なり/ 水芸?/ ちょっとイタズラ♪/ 真っ黒や/ ぱわふりゃあああ/ \(゚ロ゚)/愛媛の心!/
松山は巨人派のはずだが・・・/ (*ノノ)キャッ/ オタクの聖地?/ ZAKZAKを発見/



3.今治編 (8/7(土)〜8/8(日))

@ 8/7(土)

(8/7,8の2日間、今年で7回目になる今治の祭り「おんまく」が催された)


今治駅に着くとまず昼飯、鯛めし弁当(\740)を食った。

鯛のほぐし身が絡み程よくモッチリしたご飯が絶妙、俺の大好きな奈良漬もあって大満足。

その後は前の日に生乾きだった洗濯物を風で乾かしながら読書。

本当に今日祭りやってるのか疑わしいくらい駅の周りは人通りが無かった。


洗濯物が乾いた所で荷物を駅ロッカーに預けて行動開始。

まず駅前の道路にドーンと看板に目に入った。

今年で今治城築城400年というメモリアルだ。(俺は来る前から知ってた)

そしてすぐ側に、俺が小学6年生の頃に世話になった寺子屋グループがあった。

しかしここは閉鎖されているらしい、駅の反対側にあった建物に移転したようだ。

道路に沿って港に向かって歩いていると道路工事をやってた。

やたら車線が多いような・・・そんなに車通らないだろうに。

さらに歩くと祭り会場の一つがあった。

もう出店とかも営業してたが暑すぎて人はまだそんなに集まってなかった。

そこで港へ行く事にしたんだが、道路が一直線だから近く見えただけで結構歩いた。

港の方が人が大勢集まってて、すでに酒飲んでる輩もいた。


ロータリー型の道路の真ん中にはでっけぇプロペラが居座ってた。

今治が造船の町だったとは初耳だ。そういや今治造船の香川営業所で爆発事故が起こってたな。

丁度フェリーが止まっててブルーダイヤモンドとかいう名前だった。

俺としては当時の子供に大人気(?)だったホワイトサンポーを見たかったのだが、調べてみると・・・

しまなみ海道の完成と共に役目を終えたようだ。・゚・(ノД`)・゚・。オツカレー

メッチャ天気良かったから海に面した場所に行くとしまなみ海道がハッキリ見えた。


しばらく海風に当たりながら休憩した後、踊りまで時間があったので今治城に行った。

今治港から歩いて10分くらいの所にあるのだが、城が想像よりかなり小さかった。

最後に来たのが小学校低学年だった(と思う)から、このギャップは仕方ないなぁ。

そしてここも天守閣は金取るのか・・・こんなショボイ城で大人300円小人100円も。

さすがに金払ってまで見たいとは全然思わなかった。

ボッタクってるだけのことはあるのか、そこそこ整備されていた。

割と最近できたと思われる社もあった、そして動物が飼われていた記憶がある場所には何も無かった。

城の周りも整備されていたのだが、何故南国風の木を植えたんだ?

激しくミスマッチだとしか言い様がないのに・・・問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。


城で1時間程ブラブラして祭り会場の方へ戻ると、踊る人達が道路一杯に集合して準備をしていた。

しばらくすると、どこかにある放送席から場を仕切る声が聞こえてきた。

そして司会進行役のお姉さん(やのひろみ)がギャラリーと掛け声の練習を始めた。

(ググるとやのひろみさんの日記があった、地域密着系のラジオ番組をやってるようだ)

「今治最高!おんまくGOOOOOOOOOOO!!!!!」みたいな感じだったと思う。

正直言ってそんなにノリは良くなかったな。(シラフでできるかっちゅー話だ)

とりあえず放送席の付近に陣取って始まるのを待つことにした。


道路の真ん中にマイクスタンドが置かれて開会式(これ多分やのひろみさん)が始まった。

(祭りなのにダリィ事すんなってマジでよ〜)

滞りなく式は進み、最後にさっき練習してた掛け声をやった。練習同様ノリはイマイチだったがなw

踊りの形式はエントリーしたチームが順番に道路を港に向かって踊っていくものだった。

そして、各チーム一人にメダルがかけられるというのがあり、そのメダルの渡し役がなんとっ!

愛媛出身の藤岡弘キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ギャラリーからこの日一番の大歓声が挙がり、やっと祭りが盛り上がりだした。抱きつく野郎もいた。

踊りは「木山音頭」と「今治お祭り音頭」と「ダンスバリサイ」の3つあったようだ。

「木山音頭」は昔からある踊りで、後の2つは最近のものらしい。

「今治お祭り音頭」は今治がタオルが名産なのでタオルを使って踊るものだった。

「ダンスバリサイ」はアップテンポな曲なのに太鼓叩く棒みたいなの持って踊る変てこなもんだった。

正統派からキワモノまで様々な扮装(仮装)が見れて楽しかった。

セー○ー○ーンのコスプレしてるのもいたが、おもくそ浮いてたのは言うまでもない。

出場者の写真

写真は「バリッ娘」という名のグループで、後々驚きの事実が判明する。


踊りが終わると、「継ぎ獅子」と呼ばれる今治の伝統芸能が始まった。

分かり易く言うと、獅子の衣装を着て人間タワーを作るものだ。

継ぎ獅子の写真

これを侮る無かれ、目の前で見ると迫力満点だった。

一番上の子供が両手片足に扇子持ってポーズ決めた時にゃ思わず拍手しちゃったぜ。

そして4段重ねになった時は安定するまでに時間掛かってハラハラドキドキさせられた。

はたまた崩れたりした時にはギャラリーから悲鳴の様な声が聞こえてきた。


すっかり日も落ちて、本日の締めは全員参加の総踊り。

といってもギャラリーはギャラリーのまま、踊ってたのは昼間の人達がほとんどだった。

踊る気ありゃ最初から参加しとるっちゅー話や。

踊ってる中でも若者達は疲労からかハイになって妙な明るさを放ってやりたい放題だった。

浴衣に衣装チェンジして踊る若い女性達もいて目の保養になった(。-_-。)ポッ


昼間からずっと歩き回って疲れ果てた俺は、祭りが終わって駅に戻って通路で横になってた。

すると知らぬ間に寝てしまって駅を閉める駅員に起こされた。いい気持ちで寝てたのに(−−#

駅から出た俺は動くのがだるくて、そのまま建物に寄り掛かって寝ようとした。

すると視界に黒く動く物体が飛び込んできた。近づいてよく見てみると・・・

;゚ロ゚)ゴキブリだ!!!

まさか野生の(?)ゴキブリに遭遇するとはっ! よくよくゴキブリと縁があるな俺は。(苦笑)

さすがにそこで寝ようとは思わず、ベンチまで移動して朝まで爆睡。


A 8/8(日)

バイクの爆音に起こされた、まだ7時くらいだったと思う。

脳は起きたが体が起きてなくて、しばらく本を読んでから行動開始した。


駅を出て道路を直進、幾つかの信号を過ぎバス停「大坪通り3丁目」を越えるとT字路の交差点がある。

そこを右に曲がるとまた交差点、昔ここには幼少期によくお世話になった小児科があった。

ここを直進して榎橋を渡りさらに歩くと立花中学校がある。

俺は小学校卒業と同時に引っ越したので、この中に入ったのは運動会を見に行った時の一度だけだと思う。

すぐ側にはスーパーがある、昔はもっとボロっちかったし駐車場もなかった。

ちょっと歩いただけだがすでに汗だく、とりあえずここで朝飯を済ませて休憩。

その後、親父が勤めていた高校へ行ってみた。

よく考えるとここが親父最期の場所だったんだなと、思わず感慨深くなってしまった。

思い出に浸りながら歩く事数分、バス停「郷」を発見。

思わず「郷でぇ〜す」なんて叫んでしまいそう(謎)だが、塾に行く時に利用したバス停だ。

交差点を越えると小学生の頃の集団登校の集合場所だった寺があった。

さすがに寺は昔とほぼ変わらぬ姿で迎えてくれた。

高まる鼓動をその身に感じながらさらに歩く、いよいよ昔住んでた場所までもうすぐだ。

その角を曲がれ・・・ば・・・あっ、角のプラモ屋無くなってるぅ!

ミニ四駆とかガンダムのプラモとかをよく買いに行ってたのに・・・(泣)

さぁ! いよいよ懐かしのマンションとご対面!

;゚ロ゚)ガーン ほとんど空き部屋?!
しかも横の広場だった場所に家が建ってる!

(´・ω・`)小っちゃい頃、遊びにきてたお兄ちゃんに野球教えてもらいました。
(´・ω・`)近所の子達で集まって野球やサッカーをしました。
(´・ω・`)近くに家があって野球の時には左打ちで引っぱれなくて、右打ちしてたら両打ちになってました。
(´・ω・`)一人で一輪車の練習を延々とやりました。
(´・ω・`)ゴムボールをマンションの壁に向かって投げて漢字の隙間にハメて取れなくなった事もある。
(´・ω・`)夏休みにはラジオ体操をしに行ったまま夕方まで帰らなかった事もある。
(´・ω・`)同じマンションに住んでたヨチヨチ歩きの赤ん坊と遊んだりもしたっけ。
(´・ω・`)そんな思い出詰まった広場も今はもう記憶の中にしか存在しない。

でも周りの家は昔と変わらず存在し、訪ねれば懐かしい面々と再会できたかもしれない。

だがそんな事する気は無かった、突然すぎるし今も同じ人が住んでるとは限らないから。

ただ、これを読んで俺が誰だか分かる人がいて連絡くれたら嬉し恥ずかしオンマイハート・・・(以下略w

広場だった場所の側には川があって、昔よくボール落ちては取りに行った。

この川で獲った亀は今でも親が面倒見ている、相変わらず元気一杯のようだ。

この川のに網を仕掛けて魚が一杯獲れてた事もあった。

昔は近くにツクシが取れる場所があったが今はもう無くなってた。

お世話になってた散髪屋、よくパタリロ読んでたなぁ。


しばらく近辺を歩き回った後、母校の小学校へ行く事にした。

先程の寺の前を通り、ザリガニ獲りをしてた池のある寺と神社の間を抜け交差点を右に。

そしてさっきのに沿って歩く。

寝ボスケだった俺は集合時間に間に合わず、川沿いに走って近道する事もしばしばだった。

途中、小3から小5までお世話になった寺子屋のあった場所に行ってみたが今はNTTが入ってた。

そしてついに母校に到着。11年振り・・・とっても懐かしい。

体育館で大会でもやってんのか、人が結構いたので入りづらいので裏に回る事にした。

木と木の間から侵入(マテw)し、銀杏の木とご対面・・・記憶の中ではバカでかいイメージだったのだが。。。

全体を眺めると昔と全く変わらない姿、少子化は進んでるだろうけどちゃんと残ってくれてた。

そして立花小学校の隣には立花幼稚園がある、俺もここの卒園生だ。

こっちは少子化を目で確認できた、一部の建物が無くなってたから。

俺が覚えてる一番古い記憶は「年少さん」の頃に近くの公園に行った記憶だ。


昼過ぎて一番日差しがキツイ時間帯になったので近くの本屋で立ち読み。

水分補給をシッカリやって駅方向に歩いて戻った。

商店街の方に行ってみると人が大勢集まってて、太鼓の準備をしていた。

1チームずつ演奏していくのでギャラリーと共にゾロゾロと移動する羽目になってしまった。

太鼓の写真

太鼓の音が辺りを包み込み腹の底まで響く、腸が強制振動させられてる気分だ。

叩いてる奴等全員便秘とは無縁だろうな・・・な〜んてくっだらない事を考えてたわけだ俺は。

サービス精神旺盛な人や思いっきり叩きすぎて棒を折ってしまう人がいて迫力あるやら面白いやら。


太鼓が終わってステージのある場所へ行ってみると忍玉乱太郎ショーをやってた。

ショーが終わると子供達が記念撮影に行列作ってた。

もう後は花火が始まるのを待つだけかと思ってたその矢先、それは突然始まった。

プリプリのダイヤモンドを歌う謎の少女達・・・ハッ、昨日踊ってた奴等だ!

微妙に集まるギャラリー、一心不乱に撮り続けるカメラ小僧共・・・モノホンのアイドル集団なのか?

グループ名は「バリッ娘」、何だか微妙なネーミングだなと思いつつ最後まで見物した。(要トーク練習)

帰ってきてからググってみると公式HPが存在した!

;゚ロ゚)バリッ娘の「バリ」は今治(いまばり)のバリだったのかっ!

;゚ロ゚)小5から中3まで・・・全員平成生まれやっ!

時の流れってホント早いよなぁ_| ̄|○


そしてついに祭りの大トリ、花火タイムがやってきた。

早めに場所取りに行ったつもりがすでに人でごった返してた。

少しだけ空いてたスペースに行き場所確保・・・(゚ロ゚;こ、これはっ!

風に乗って運ばれるウ○コの匂いがっ!

正確には仮設トイレを使用する度に漏れ出た匂いだった。

その威力はもはや兵器、化学兵器の部類に入る程のものだった。

別の場所を探そうかとも思ったが、花火が始まってしまったので結局最後までその場で見てた。

やはり花火は生で見るに限る、この美しさは言葉では語り尽くせない。

せめてデジカメで撮っておこうとしたのだが、なかなか上手くいかない。

デジカメで花火を上手に撮るにはシャッタースピードを遅くするといいとの事だが・・・

あいにく俺のデジカメはあまり変化させる事ができなくて、撮るのにかなり苦労した。

何枚か撮ったがこれが限界、「すだれ」を上手く撮る事はできなかった。

祭りの模様を動画で見たい人はこちらから。

花火が終わると飯食って駅に戻り、駅トイレの電源を拝借して電動髭剃りをセットして寝た。


オマケ
海1/ 海2/ 市の花つつじ/ 今治城1/ 今治城2/



4.移動編2 (8/9(月))

@ 8/9(月):今治→高知

今治6:08発
伊予西条6:41着
6:48発
高松9:30着
9:50発
徳島11:58着
13:19発
鳴門14:10着
15:31発
徳島16:23着
16:43発
阿波池田18:38着
18:53発
後免21:06着
21:10発
高知21:34着
朝起きてトイレに行ってみると髭剃り無くなってた!

盗んだ奴出て来い(゚д゚)ゴルァ!!

いやいや、よく考えろ。深夜に駅に来る奴なんて限られるはずだ。

駅で寝泊りする奴は他にいない・・・いた!駅員だ!

そういや電気が盗まれない様に駅内の余分な電源には電気通ってなかった。

えっ!? じゃぁ髭剃り取りに行ったら窃盗で捕まる?(笑

そんな事はないだろうと思いながらも取りには行かなかった。

押し問答になったら電車に乗り遅れるからな。


駅内の店は開いてなくて近くにコンビニもなくて、そのまま電車に乗った。

朝陽と瀬戸内海を背にウトウトと・・・ん?あれ?

寝てたらアッという間に高松に着いた。

新しくなった高松駅を初めて見たが、立派な駅になってた。

以前のボロボロ具合からは想像もできん出来栄えだ。

しかし、調子こいてこんなたわけた事を計画すんな!

これを見る限りでは瀬戸大橋を使うようだが、使いもんになるのか?

ちょっと強い風が吹けばすぐ不通になる瀬戸大橋線だぞ?

しかも速いのは高松-大阪間だけじゃん! 徳島からならバスで明石海峡大橋渡った方が速そうじゃん!

ウドンしか売りがないのに何を必死になってんだか・・・。


乗り換えホームに行ったら反対側にアンパンマン列車を発見!

その存在は知っていたが見るのは初めてだ。名前の分からんキャラが一杯いた┐(  ̄ー ̄)┌

徳島行きの列車の中では本を読んでた。たまに景色を見ても田んぼや畑ばかりで・・・。

徳島駅は駅ビルとくっついて店もたくさんある。

駅前にはこれでもかってくらいタクシーが並び、ここにも南国風の木があった。

とりあえず朝から何も食ってないので駅付近の店に入った。

頼んだのは徳島ラーメン、これは食わなきゃだろ。

基本は醤油で、炒めた豚肉とモヤシが入るらしい。ちょこんと乗ったナルトがカワイイぞw


店を出ると駅に戻って時刻表をチェック、鳴門に行く時間がある事を確認。

高松-徳島間以上にノラリクラリ走る列車、ローカル中のローカルという走りだった。

そして着くとそこには・・・・・・何も無かった _| ̄|○

鳴門駅付近は閑散という表現がピタリ賞な場所だ。

観光地には行って戻るだけの時間が無くて、次の列車が来るまで駅で本読んでた。

観光地で駅前に食い物屋がないなんてヒドすぎやしねぇか?


鳴門から徳島に戻り、高知方面に向けて出発。

吉野川ブルーライン(徳島線)とかいう大層な名前が付いてるものの、ノロノロノンビリ運転だ。

うたた寝していて気付くと辺りは真っ暗、山の中を走ってるせいかスピードもさらに遅くなってた。

これはまさに去年北海道で味わったチンタラ感だ。

途中、進行方向が変わる。スイッチバックという方式らしい。

阿波池田で乗り換え、さすがに乗ってる人数も10人くらいだった。

しかも全員若者(俺も含めてなw)で旅行バッグ持ってる、目的地は同じだと分かった。

そして阿波池田から先ではウケ狙いなのかと言いたい駅名が。。。

小歩危(こぼけ)・大歩危(おおぼけ)という駅名コンボに撃沈www

そしてトドメは後免(ごめん)ときたもんだ。(≧∇≦)ブハハハ!!

高知って意外に面白いかも(´▽`;)


この後免駅で、乗り換えると10分早く高知駅に着くという事で乗り換えた。

どうやら土佐くろしお鉄道の車両だったようで、ちょっと得した気分だった。

そして高知駅に到着、さすがにまだ人が多くて騒がしかったので本を読んで時間を潰した。

読んでる人は、徳島でもっと遊べたんじゃないかと思うかもしれない。

しかし、これが普通列車で徳島から高知へ行く最・終・便なのだ!


よさこい祭り(8/9〜8/12)の前夜祭がこの日だったので、駅前は旅行者がたむろってる状態だ。

早々と野宿の場所獲りをしてる人もいた。(お仲間イパーイだ)

俺は土佐電鉄のプラ椅子に横になって寝た。



5.高知編 (8/10(火)〜8/11(水))

@ 8/10(火)

夜中も高知駅(写真は朝)付近は車の行き来が多くてあまり寝れなかった。

駅が閉まってる間のトイレは駅前のホテルで借りた。

野宿者の中には立ちションしてる奴もいたな。(よい子は真似すんなよ)

朝飯は駅の2階にある店でかつお飯定食を食った、美味かった。

その後、少し立ち読みしてたらリアル友達のT君が駅に到着。

駅前で配布されてたパンフを頼りに移動開始。


はりまや橋手前で演舞場と化した商店街を発見、そこに陣取った。

よさこい祭りといえば、「鳴子」を持って踊るのが最大の特徴だ。

それ以外には特に決まりもないようで、音楽も各々のチームで自由にやってた。

だから1チームにつき1台の車両が大音量で先導してて、この上なく騒々しかった。(一部確実に騒音アリ)

大スクリーンのあるステージもあり、灼熱の太陽が照りつける中で踊りまくってた。

半ばヤケクソになって踊り狂ってるのもいて・・・それはそれで見てて面白かったがw

つーか、見てるこっちも十分暑いっちゅー話で、水分補給が最優先事項だったな。

踊りの写真


いい加減踊りばかり見てるのも飽きたということで高知城に行った。

今治城よりちょっと大きめって程度で松山城には遠く及ばないレベルだ。

街中にあるせいか祭りの最中のせいかは分からんが、人も結構いた。

上までは階段がちょいと多くてお助け棒が置いてあった。

板垣退助の像を見たりしながら天守閣に到着。

天守閣は予想通り有料(400円・高校生以下無料)で中には入らず外のベンチで休憩。

意外な事に城から海が見えない、海までは結構距離があるようだ。


かねてより行きたかった桂浜へ行く事になり、城を下りてバス停へ向かった。

途中、本屋に寄ってT君が本を購入。どんなのだったかは忘れた。

バス停で待ってる間、暇なので土佐電の車両を観察。

基本は企業広告が貼られてるようだが、祭りにちなんでよさこいバージョンもあった。

よさこい程の歴史ある祭りになると街全体が祭り一色になってるみたいだ。


バスに揺られる事30分以上、桂浜に到着。

バスを降りると何やら騒がしい、ここでも踊ってる集団がいるようだ。

いか焼きを食いながら海方面に歩くと坂本竜馬像があった。

(思いっきり撮りミスったけど竜馬ですからっ!)

階段を下りると目の前は海、桂浜とごたーいめーん。

台風の時にしか見た事なかった桂浜が目の前にぃ〜おぉ〜すげぇ〜感動ぉ〜

普段から結構波は荒いようだ、波しぶきが激しい。確実に泳ぐのは無理だ。

浜の先にある階段も登った。一面見渡す限り海、遠くに高知県の西側の陸が見えた。

中学生の頃から桂浜には行ってみたいと思っていた。(その理由は内緒♪)

念願叶って非常に満足、ある意味思い残す事はないといった感じだ。

桂浜の写真


バスではりまや橋まで戻り、駅まで徒歩。これがはりまや橋なんだろうか?!

駅の観光案内所で風呂屋の場所を教えてもらい、歩いて探すも見つけるのに手間取った。

「高砂の湯」はそれほど広くなく、昔風な銭湯の雰囲気をこれでもかってくらい放ってた。

ここで俺はT君のカミソリを借りて髭を剃った。カミソリ使うのはこれが初めてだ。

正直、手が震えた。切れるんじゃないかとドキドキした、多分二度と使わないだろう。

風呂の後は飯、少しオシャレな店だったかな。

酒飲んだのは覚えてるが・・・何食ったっけなぁ? カツオは食った気がするなぁ。

そして宿は駅だー・・・って昨日より全然多いし! ベンチ系は全部埋まってた。

結局地べたで寝てたんだが、T君の希望によりネカフェへ移動。


A 8/11(水)

ネカフェでしばらく過ごし、T君は九州に向けて始発で出発という事でお別れ。

俺はもう一日祭りを楽しむ事にした。

ネカフェを出た俺は駅のベンチで仮眠、座って寝るというスキルを習得した。

起きてまずは腹ごなし、駅で鰹のたたき弁当(\1050)を購入。

保冷剤と共に鰹のたたきがボーンとあってなかなか良さげ。

それでも量的には今一つだが、そこは駅弁という事でご愛嬌。

食い終わってマッタリしてる所に1組の踊り集団が駅前に登場、観光客へのアピールなのだろう。

つまりは踊りが始まってるという事で、早速移動開始。といっても前日と同じ場所だがな。

この日は夜までずっとその場所で踊りを見物してた。激しく足が痛い、歩く事すらダルい。

しかも前日と同じく突き刺さる灼熱光線、スペシウム光線を喰らった怪獣共の気持ちが分かるってもんだ。

踊ってる奴等は元気だ、よくブッ倒れないな・・・なんて思ってたら救急車の音が聞こえてきた。

ついに倒れたかと思ったら、倒れたのギャラリーの方だった!(´▽`;)アリャー

祭りと救急車は切っても切れない関係だな。むしろイコールに近い。

夜も21時頃まで延々と踊ってた・・・さすがに若年層しか見当たらなかったがw

その後はローソンで飯と酒買って道端に座り込んで休憩。やたらと目が冴えて眠くならない。

街中は騒がしくて、落ち着く場所を求めて前日のネカフェに行った。

そしてその居心地の良さに翌朝まで居座る事にした。

踊りの写真

あふろ♪軍曹♪:左から、ドロロ兵長、クルル曹長、ギロロ伍長(笑)

犬も踊る:頑張って踊るワン・・・って、中の奴死ぬぞ?!

歌う看護婦さん:椎名林檎?

叩け!叩け!叩け!:あっ、そんなおもっきし叩かないで・・・ウルサイから。

変態様キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!:祭りじゃなければ確実にタイーホだなw

つっかっもうぜ!:鳴子かよっ!

季節外れ:ごっつ目線くれてやがります(≧∇≦)ブハハハ!!



6.移動編3 (8/12(木)〜8/14(土))

@ 8/12(木):高知→丸亀

ネカフェを出て駅に行って運賃表を眺めた。

高知→丸亀間は2300円くらい、18きっぷ一日分と変わらない値段だ。当然18きっぷは使わなかった。

5時27分の始発に乗り、阿波池田、琴平で乗り換えをして丸亀駅到着は9時25分。

電車の中ではほとんど寝てた、疲れてんのにネカフェで漫画読みまくってたからな。

親の住むマンションまで1キロちょい歩き、着くと土産渡して飯食って寝た。

まさに爆睡、久々の布団での睡眠は最高だった。

気持ちいい〜超気持ちいい〜!(パクリ)って感じだな。

A 8/13(金)

全ての衣類の洗濯完了、俺の疲れも無くなって全てリフレッシュ。

駅に時刻表の確認に行った後、髭剃りを買いに行った。

今度は充電式ではなく電池式にした。サイズも小さくて旅行用にはもってこいだ。

B 8/14(土):丸亀→博多

丸亀5:57発
坂出6:09着
6:24発
岡山7:03着
7:15発
三原8:46着
9:07発
広島10:18着
10:30発
徳山12:28着
12:44発
下関14:51着
14:53発
小倉15:06着
15:16発
博多16:25着
朝日を浴びて瀬戸内海を渡る、なんて爽快なんだ(゚ー゚=)。・:*:・ポワァァン

でも岡山から先は乗客多くて落ち着かなかったからずっと本読んでた。

「シャーロック・ホームズの叡智」、旅の本4冊目だ。

三原でたこめし(\900)を購入、これは開けて虚を突かれた。

ご飯にタコ乗ってるだけやん! タコの混ぜご飯だとばかり思ってたのに!

いや美味かったんだけどね・・・美味かったんだけど、なんか騙されてるような・・・。


下関から小倉へ・・・ついに九州上陸だ! 橋見るぞぉおおお・・・おおお・・・あれ?

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!電車はトンネルかYO!

今更どーこー言っても後の祭り、橋はまたの機会に取っておく事となった。

ちょっとションボリ気味での博多への道中、「スペースワールド駅」なるものがあった。

目の前にスペースワールドが! 客にとっちゃ有難い事だな。

そして博多駅に到着。おおっ、さすがにデカイなー賑わってるなー。



7.福岡編 (8/14(土)〜8/15(日))

@ 8/14(土)

ネットのお知り合い、張飛さんと漣海さんと3人でオフを決行した。

改札を出て地図を確認、待ち合わせ場所の天神までは近いな。歩くか。

しかし地図で見ると近くても、歩くと意外と遠いという罠にハマり30分程歩いた(ノ∀`)アイター

途中で若干道に迷ったのは内緒 _| ̄|○

あ〜・・・こっちかな(適当)

僅かな記憶とカンを頼りに携帯で張飛さんに詳しい場所を聞きつつ、何とか辿り着いた。

ライオン前ライオン前・・・ライオン前キター、そしてここで初対面( ゚д゚)bキタコレ

九州男児の象徴(?)ともいうべき褐色肌の張飛さん、ちょっとダンディなオジサンですた( ̄∀ ̄*)アハー

そしてガッチリした体格の漣海さん、俺と変わらん年齢のはずなのに若々しかったぞ。(俺が老け・・・以下略)

そんな3人が最初に向かったのはマック。(九州はマック?マクド?)

張飛さんが大人的奢りで資金力アピール(違)・・・大人の貫禄を披露。

スマイル0円を注文したかった(大嘘)

続いて向かった先はボウリング、ここで漣海さんのパワーボール炸裂!

有り余る(?)腕力を駆使して豪快にピンをなぎ倒す様は驚きですた。

張飛さんは・・・微妙によろけてた様に見えたのは気のせいだろう。うん、気のせいだw

俺がトリカブトの毒を盛られてピヨってたからそう見えただけだ。

俺はと言うと、ガーターが多くて苦しみますた(吐血) (ノ´ー`)ノ⌒スコア表

途中いきなり暗くなってイベント的なものが始まった。

ストライク取れば何かあったようだが、2度のチャンスを逃した。(確か俺と張飛さんが1回ずつ)

イヤーンな残ピン】\_( ゚ロ゚)ハイ、コレやったの誰ですか?

ボウリングの後、同じ建物内のゲームとかビリヤードとかフリーバッティングとかしますた。

ビリヤードは面白かった・・・特に手玉の逝き先がな(笑)

不思議と地獄位置に止まる手玉とかポケットに吸い込まれる手玉とかw

最後はお二方の帰りの時間が迫る中、ラーメン屋で晩飯〜。張飛さんゴチですた。

ほんの数時間の福岡オフはこうして幕を閉じ、俺は一人ライオン前に帰還した。


ライオン前に横になって寝てたら、警官らしき者に起こされて閉め出された。

シャッター下ろされて侵入不可・・・そのすぐ側に人目に付かない場所があったのでそこで寝た。


A 8/15(日)

何時に起きたかは不明だ・・・ただ起きると小雨が降っていた。

この日は小倉競馬場へ行く日、当初はこのためだけに九州上陸を計画したのだ。

博多駅まで歩くのはダルイからバスにしようとバス停に行くと100円循環バスがあった。

バスを待ってる間、建物の電光掲示板でニュースを見ていた。

五輪でヤワラちゃんが2連覇、野村選手が3連覇した事を知った。思わず「スゲェー」と声が出た。

バスに乗ると博多駅にはすぐ着いた。

駅の地下で肉まんを買い、改札付近の売店で照焼弁当(\580)を買った。

豚まんが売りなのに時間が早過ぎて肉まんしか無かったという・・・_| ̄|○ オカシイダロ

そして切符を買って(博多→小倉間は1250円)電車に乗った。かろうじて席を確保した。

早速肉まんから食べる事に・・・おや? タレみたいのが付いてる。

これが博多風なのか? とりあえず付けて食べてみた。ウマ(・∀・)イイ!!

タレの酸味と具がマッチしてグッド♪ 酸味に食欲をかき立てられてむさぼり食ったYO!

もう勢いそのままに照焼弁当に手を伸ばす、ボリューム満点キター!

がっつくがっつく、周りには異様な光景に映ったかもしれない。(恥ずっ)


小倉駅に着くと次はモノレールに乗り換え。JRの改札を出るとすぐ側にモノレールの改札があった。

しかもわざわざ往復きっぷ売場があるという親切ぶり。初めて来た人でも迷う事はないだろう。

モノレールを降りると競馬場直結の通路があって、改札を出ると目の前に競馬場の入場券売場と入場口があった。

入場券はJRA50周年記念バージョンだった。武幸四郎が目立ってます(´ー`)SASUGA

入場すると目の前にはパドックがあった。

いつの間にやら太陽が顔を出し、灼熱の光線を浴びせてきた。

とりあえずウロウロしてたら名馬の蹄鉄が置いてたので一通り写真を撮った。

オグリキャップと何か何かと何か何かとテイエムオペラオー

もっとアップで撮ればよかった_| ̄|○

確かトウカイテイオーやナリタブライアンのだったはず・・・。


何やら声がする方に行ってみるとオール阪神巨人が競馬ネタで漫才やってた。

どんなネタだったかは覚えてないが割りとウケていた。

その後、乗馬用の馬がいる所へ行った。どれも芦毛だった、色白だねぇ(笑)

しかし残念ながら俺の知ってる馬はいなかったょ。

そしていよいよ馬場の方へ。俺を貫く太陽光線にも負けず、耐えながらの撮影&観戦。

競馬場の写真

パドックで強そうな名前の馬を発見。カコ(・∀・)イイ!!ツヨソウ!!デモマケタwww

イベントステージでは小倉メイン・小倉記念の予想が始まった様なので行って見ると杉本清さんいた。

ラフな格好で和気あいあいと予想を繰り広げてた。横に江川卓がいれば面白かったかもw

小倉記念の出走馬

折角なので馬券も買った、旅のテンションが俺に3連複を買わせた。

スタートして最初の直線、6番メイショウバトラーがいい感じにすんなり前に。

4角回って最後の直線、さぁ後方勢はどうなる!?

結果・・・3着オースミステイヤー? は? マジ? (ノ゚ρ゚)ノ ┫:・'∵:.┻┻:・'.:∵

メイショウのワンツー、おまけに騎手は武豊・幸四郎兄弟ときたもんだ ┐(  ̄ー ̄)┌


最終レースが終わった後にトークショーがあって騎手が出演した。

右から赤木高太郎騎手、佐藤哲三騎手、武豊騎手・・・おや? 1つ席が空いてますよ?

福永祐一騎手は着替えで遅れてるとの事。誰だっ!?ウ○コしてるからだとか言ったのは!?(笑)

遅れて福永騎手登場。微妙に髪の毛が立ってる・・・時間かかった原因はそれか?

トークは赤木騎手の酒の話とか福永騎手の休日の話とかがあったのを覚えている。

福永騎手は九州での休日は乗馬クラブでマッタリと馬に乗ってるとの事。休日まで馬ですか(´▽`;)

しかもその時オッサンに「君、上手いねぇ」とか言われた事があるらしい!(≧∇≦)ブハハハ!!

まさか騎手がそんな所に居ないだろうという考えがあって気付かないんだろうな。


最後にTシャツを賭けてジャンケン勝ち残り戦があった、もう少しだったんだが。。。

全てのイベントが終わって再び小倉駅に戻るとだいぶ日も傾いていた。

交番に風呂屋の場所を聞きに行ったら「お盆だからほとんど休みだよ」と言われた。

かろうじてサウナがあるって言うからそこに行った。

中はマッサージ機や漫画本が置いてあって、少し広くて豪華な銭湯という感じだった。

俺は2時間コースでパッパと済ませた。その時に鏡を見て自分の日焼け具合に驚いた。

何食おうかと街中を彷徨い歩いてるとうどん屋があった。またか・・・またなのか・・・。

この旅を始めて何食目のうどんだろうか? しかし食わねばなるまい、各地のうどんの違いを知るために!

腹くくって入店。良く言えば昭和風の店内、悪く言えば寂れた感じ。

早速うどんを注文、何頼んだかは忘れたが品切れを言い渡された。(゚ロ゚;マテコラ

明らかに繁盛してないだろ! それで品切れって有り得んやろがっ! シバクぞボケッ!

さすがに口には出さなかったが、非常に納得いかない形で注文し直した。

出てきたうどん、今となっては何頼んだのか忘れて上に乗ってる物体が正体不明だ。

ツユは透明系でダシが効いてたが、麺は柔くてコシが無かったと記憶している。

確か店看板には手打ちって書いてた・・・え〜、びみょ〜だコレ〜。やっぱ納得いかね〜ぞ〜

この店の場合、客の少ない方が落ち着かないので食ったらすぐ店を出た。

かといって何もする事ないし寝るには早すぎる、また駅付近をプラプラ歩いて次の店を探した。

駅付近ヤバイ、どうも怪しい匂いがする。そして危険な匂いがプンプンする。

これはちょっと・・・駅で寝るのマジヤバかも。とりあえずどっか店に入ろう。

ウロウロしてたら焼鳥ざんまいとか書いてる看板あったから入ってみた。

客一杯、店員も一杯、騒がしい騒がしい。一人だからカウンターに案内されてちょい緊張。

焼鳥を食いながらビールをグイッとな。最高だ(´ー`)

1時間半くらい飲んで食った後、駅に行こうとしたら実は店がさっきのサウナの側だった事が判明。

あちこち歩き回る必要無かったわ _| ̄|○

駅に行ってみたら人が多くて・・・やはり野宿は危険すぎると判断。

ネカフェで翌日の朝4時くらいまで滞在した。



8.移動編4 (8/16(月))

@ 8/16(月):小倉→京都

小倉5:49発
厚狭6:39着
6:41発
新山口7:15着
7:20発
宮島口9:26着
[宮島航路]
宮島口
9:40発
宮島9:50着
10:55発
宮島口11:05着
宮島口11:16発
広島11:42着
13:28発
14:04着
14:10発
三原15:32着
15:43発
岡山17:17着
17:49発
播州赤穂18:51着
18:52発
京都20:58着
ネカフェを出て駅に向かう、思ったより静かだ。。

歩道のアチコチに吐いたのを掃除した痕跡が見られた。

駅には人影はほとんど無く、改札開くまでボーッとしてた。

本当は何か食べたかった所だが店ないしコンビニないし探すのダルイし。

しかし空腹感ってやつは通り越すと感じなくなるから不思議だ。

結局飲み物だけ自販で買って電車に乗った。

宮島口駅に着くまでほとんど寝てたから記憶がないなぁ。

乗り換えもした記憶がない。(夢遊病者の如く移動したんだろうw)


宮島口駅からフェリー乗り場までは一直線、すぐ近くだった。

夏休みだからか人が結構いて、一応観光地なんだなと思った。

天気も良くてフェリーから見える鳥居も良い眺めであった。

フェリー乗り場の周辺には鹿がイパーイ(゚ロ゚;

厳島神社の付近も鹿がイパーイ(゚ロ゚;

奈良とどっちが多いのかしら・・・奈良行った事無いからワカラソ(´ー`)

さすがの鹿も暑さに参ってるようで、ほとんどが日陰でヘタリこんでた。

厳島神社は入るのに金取るようで、人が多いから入るのやめた。

毎年水没したり吹っ飛んだりしてるから修繕されて全体的に新しかった。

完全水没するのも時間の問題(?)だから見れる内に見ておかないとw

宮島の写真

フェリー乗り場に戻る途中、は?と言いたい店が。宮島で博多とはこれ如何に。

帰りのフェリーではすれ違ったフェリーを撮ったら良く撮れてた。

そしてもうすぐ着くって時にどっかからモーター音が聞こえてきた。

周りを見回すとすぐ側に競艇場があった。


昼飯は広島駅の建物内にあったお好み焼き屋でガッツリ。シーフード系のを注文した。

(´・ω・`)次行く時は食べ歩きできるようにリサーチしなくては。

広島から京都まではローカル線の旅。まずは広島から呉線に乗車。

ローカル線だから客は少ないのかと思いきや、便数少ないせいか1度に乗る数もソコソコいた。

続いて岡山から赤穂線に乗車。山の中をひたすら疾走、日も落ちて真っ暗。

いつの間にか寝てしまい、気がつけば京都に到着。危うく乗り過ごす所だった。

京都駅は迷路のように広くて参った。しかも駅内の食い物屋は早々と閉店時間だった。

結局駅を出て京都タワーの建物の裏にあったラーメン屋ラーメンを食っただけの晩飯だった。

京都駅付近はベンチは無かったがキレイだったんで迷わず地べたで寝た。



9.京都編 (8/17(火))

@ 8/17(火)

5時頃にふと目が覚めた。朝早くから人が多い、ご苦労な事だ。

もう少し寝てようと思ったら空模様が怪しい・・・屋根ある所に移動して寝直した。

8時過ぎに起きたら雨の降った跡があった。もう降るなよーって思いながら朝飯を食いに行った。

京都駅の中にモーニングサービスをやってるカフェがあったから入ってみた。

パン食べ放題・・・3種類しかなかったけどな。いい加減飽きるっちゅーねん。

それでも10個以上食った、卵も2個食った( ̄ω ̄*)ウマカッタ


リュックをロッカーに預け、京都駅の地図を見て三十三間堂を経由して清水寺へ行く事にした・・・徒歩でw

だーかーらー地図では近くても実際は結構距離あるんだってばー、まーなーべーよーおーれー

テクテクと地下鉄の七条駅の入口前を通り過ぎてさらにテクテクと歩けば到着。

(バスの方が断然楽で速いので徒歩はオススメできない)

三十三間堂が国宝である事をこの時初めて知った。(ノ∀`)無知でスマソ

残念な事に堂内は撮影禁止、中が知りたきゃ金払って自分の目で見るべし。(入場券)

三十三間堂の写真


続いて清水寺に向かって歩け歩け大会開始。

しばらく歩くと五条坂がある。この坂を登れば清水寺へ行ける。

食べ物屋や土産物屋が立ち並び観光客でごった返してた、さすが観光名所。

坂の途中にあった一種類しかない自販機に驚き笑ったのは俺だけだろうか?

そして清水坂を登ってやっと清水寺に着いた。(左が五条坂、右が清水坂[下り方面])

参拝料(300円)を払って中に入り色々見て回った。(入場券)

魔法先生ネギま!の29時間目(4巻)に出てくる絵と同じモノが目の前に・・・って思ったのに!

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!! 清水の舞台が工事中!!!

コレなんて29時間目の表紙と同じ角度で撮ったのに工事中じゃ絵にならねぇ。

地主神社音羽の滝をちゃんと撮れたのが救いか。

縁結びはどーでもよかったから地主神社は上に行ってないんだよな・・・「恋占いの石」を撮り損ねてしもた。

音羽の滝は、「ネギま!」では右から健康・学業・縁結びと言っている。

しかし実際はこんな説明書きがあるだけで、漫画の中みたいな事はどこにも書いてなかった。

赤松健さんが都合良く変えたのか、それとも時代と共にご利益が変わったのか・・・。


清水寺を堪能した後、坂の脇にあった店に入っておぼろそばなるものを食した。

蕎麦の上に豆腐・・・なるほど、おぼろ豆腐の事だったのか。この白い液体をかけて食えばいいんだろう。

果たしてどんな味なのか・・・こ、これはっ! 美味(・∀・)イイ!!

白い液体はダシが効いてて豆腐とマッチ、蕎麦の食感と溶ける豆腐のハーモニー。

まさか蕎麦と豆腐がこれ程合うとは思わなかった、まさしく新発見。


店を出ると雨、降ったり止んだりの繰り返しだった。止んでる内に清水坂を下りて八坂神社へ行った。

神社自体はそんなに大きくなくて、建物の先に公園があった。

でもまぁ特別何かがあるわけでもなく、雨も本降りになってきたので駅に戻る事にした。

すると突然ドシャブリになり、慌ててローソンに避難した。

この写真じゃ分からんかもしれんが、「京都のローソンの看板は青色が濃い」という事を確認した。

いつまで経っても雨は止む気配無く、バスで駅に戻った。


駅内の観光案内所で風呂屋とネカフェの場所を教えてもらい、早速風呂へ。

京都タワーの地下に風呂屋があるとは思わなかったな。

そして開店時間も閉店時間も早すぎ・・・入場が20時までで過ぎてから来た人はお断りしてた。

風呂屋から出て地下通路に行って晩飯を食う店を探して回った。

京都駅を境に京都タワー側は地下通路が色んな所に繋がっていて、飲食店も色々あった。

ラーメン屋とうどん屋が隣同士で、どっちにしようか5分も悩んだ(笑)

結局うどん屋を選択し、ニシンうどんを食った。

麺がモチモチしててコシもあり、ツルツルッと軽快に口に入ってきてベリーグッドだった。

ニシンも美味くて大満足、ツユも残さず飲み干した。

店を出た後は、京都駅の反対側にあったネカフェで翌日の朝まで漫画読んでた。



10.移動編5 (8/18(水)〜8/19(木))

@ 8/18(水):京都→福井

京都7:37発
永原8:54着
11:55発
近江塩津12:01着
12:09発
敦賀12:22着
13:03発
福井13:52着
ネカフェを出ると雨も止んでいい天気だった。

まずは切符購入。京都→福井間は2520円、18きっぷは使わない。

朝飯は駅弁を買って電車の中で。寿司が柿の葉に包まれてていい香りだった。

そして永原で3時間待ち!

わざわざローカル線の湖西線を選んだ俺も俺だがそれはないやろ・・・。

あまりにも暇だったから駅を出てみた、当然のように何も無かったが。

一応永原駅を撮影、パッと見じゃ駅にゃ見えん。

他に撮る物も無く、駅に戻って寝て電車を待った。

その後、敦賀駅では焼きさばずしを購入、丸々1匹使ってるようだ。

これも電車の中で食い、ボンヤリ外を眺めてたら福井駅に到着した。

前日からほとんど寝てなかったから、猛烈に眠くて夕方まで駅のベンチに座って寝てた。


ネット上のお知り合いの天然様に携帯の番号教えといたんだが音沙汰無く、駅のTVをマッタリと見てた。

サッカーの試合を見てたら酔っ払いが喧嘩始めやがって不穏な雰囲気に包まれた。

俺はシカトして試合見てたんだが、段々と人がいなくなって酔っ払いの独壇場に。

知り合いらしき人物を呼び出して恐喝して金奪い、挙句の果てに「○○○しゃぶれ」とキチガイ発言を連発。

誰かが交番行って警官を呼んだらしく、警官が酔っ払いを連れて行ってしまった。


0時過ぎると駅を閉め出され、交番で教えてもらったネカフェに行った。

天然様はキレイサッパリ忘れてたようだ。(本領発揮としか言い様がない)

結局俺はそのまま帰りの途につく事にした。

オマケ:白いポスト


A 8/19(木):福井→幕張本郷

福井5:40発
金沢6:58着
7:13発
大聖寺8:14着
8:49発
福井9:24着
10:16発
敦賀11:06着
12:16発
米原13:07着
13:14発
大垣13:45着
13:55発
浜松15:45着
15:50発
静岡17:00着
17:02発
片浜17:51着
18:25発
熱海18:48着
18:56発
国府津19:32着
19:38発
大船20:11着
20:15発
津田沼21:30着
21:33発
幕張本郷21:36着
駅で寝ていた俺に近づく足音・・・ガバッと起きると正体はオカマだった!(゚ロ゚;

そしてそのオカマは猛ダッシュで走り去って行った(゚ロ゚;

もう少しで俺は襲われるとこだったのか???(゚ロ゚;

危険だ・・・危険すぎるぞ福井(゚ロ゚;

もう完全に覚醒状態で眠れやしねぇ・・・朝までずっと起きてた。

暇で駅付近をウロウロしてたら田舎の象徴とも言うべきものを発見。

特急で我慢しろ!(爆)

新幹線誘致の中でも一番必要性の無い所だってTVで言ってた気がする。


夜明け頃の始発に乗って福井とオサラバ。

北上してローカル線で帰るぜ・・・のはずがっ!

寝てないせいで電車の中で熟睡!

気がつけば逆方向に走ってた!

去年の失敗を再現!

折り返し運転の電車で金沢到着に気付かず、そのまま再び福井方向に。

慌てて大聖寺という駅で電車を降り、時刻表と睨めっこ。

もう予定の路線じゃ帰れないと判断し、旅の1日目の路線で帰る事にした。


福井駅に戻った俺は駅内の店うどんを食った。

麺がフワフワしててコシなんて丸きり無し、頼りない麺だった。

魚のすり身の麺はフワフワだというが、そんな感じだろうか。

駅で電車を待ってる間、隣に別の電車が停まっていた。福井の私鉄か?

その後、敦賀駅でも待ち時間が結構あったので駅のTVを見てた。

高校野球をやってて、投手戦をやっていたと記憶している。

電車に乗る前に駅弁を買った、この先の乗り換えでは飯食えないだろうから。

鯛鮨は鯛の食感がちゃんと残ってて、それでいて酢飯とマッチしていた。


敦賀から先、短時間での乗り換えをして順調に帰路についていたんだが、肝心な事を忘れてた。

トイレ・・・これの時間を考えてなかった。静岡過ぎてからずっと我慢してたがそれも限界。

片浜という駅で途中下車、速攻でトイレに駆け込んだ。

ここでまた時刻表と睨めっこ、この日は誤算だらけだった。

そんなこんなで幕張本郷で下車、17日間の旅に幕を下ろした。



11.総括

まず、行き当たりばったりも良し悪しだ。

長期滞在が可能な場合は良いが、短期滞在の場合は時間を節約する為にもリサーチはある程度必要。

次に、駅の観光案内所と交番を有効に使え。

見知らぬ地では分からん事が多い、観光案内所なら地図もくれて情報量アップだ。

ただし観光案内所は閉まるのが早いから、そういう時は交番に行くとよい。

最後に、夜はなるべく寝ろ。

俺みたいに乗り過ごして計画をオジャンにしたくなければ、睡眠はキッチリ。


主な食べ物まとめ

うどん:8食、ラーメン:3食、そば:1食、駅弁:8個


追伸:800枚近くの写真を選別するのは大変だった。