×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > 旅行記 > 18きっぷ旅行記5

18きっぷ旅行記5

旅行期間:2006/3/19〜21、3/25〜26、4/3

0.はじめに

フリーターといえどもスケジュール調整は難しく、月の休日日数が限られてるので日曜・祝日を使って旅行するしか方法がありませんでした。しかし時間が限られていた分、密度の濃い旅行ができたと思います。余裕が無かったとも言いますけどね。(苦笑)
今回は食べ物ネタがいつも以上に多いので、観光よりもそっちメインになってるカモ。
のんびり最後まで読んで頂けると幸いです。それではお楽しみください。

1.大阪オフ編

3/19(日)
津田沼→御茶ノ水→東京→静岡→浜松→大垣→米原→京都→奈良→大阪

もうこの路線を使うのは慣れたもんで、乗り換えの移動もスムーズにいき、座席ゲットしまくりで快適でした。
前日もバイトで睡眠時間が充分でなかったおかげで、午前中の電車の中ではほとんど寝てました。この日は天気があまり良くなかったので起きてても本読む以外にする事無かっただろう。
マトモな飯を食ったのは米原で買った御出世あそばせという駅弁かな。NHK大河ドラマ「功名が辻」にちなんだものらしい。
本当は他に食べたいのがあったけど売り切れで、ちょっとカワイイ売店のオネーサンに進められて買っちゃいました。
白飯と赤飯で紅白という、縁起物にありがちな中身でした。爪楊枝の下にあるのは水菓子だったようで、食べてから気付いたんだけど俺の嫌いなアンコが入っていた。でも食べれた・・・。
少量ならアンコ克服したかもっ?! でも美味いとは感じなかったなぁ。

京都から奈良線に乗り換えて奈良駅へ。京都では雪がちらついていたので驚いた。
奈良線ではあまり高い建物を見かけなかったのは景観配慮なのか単に過疎ってるだけなのか判断しかねた。(笑)
奈良駅で途中下車。駅は工事中で、駅前は目ぼしい物も無かった。
特にする事もなく、大和路快速で大阪へ。

大阪に着いて、合流予定の堕天使さんに電話すると財布を家に忘れたとかで遅れると。そして大阪から京橋へ行き、なんとか合流できました。
相変わらずのオッチャン振りで(ぁ
ここからの行動は堕天使さん任せで俺は着いてくだけだったので楽だったなー(笑)

この日は神戸に連れてってくれる予定でした。で、着いたのが三宮。
神戸といっても結構広いらしくて、よくは分からんけど三宮が栄えてるっぽい。
まずは三宮駅内にある蓬莱というお店の豚まんを食べました。こういうのって割って中身撮った方が良さげだな。美味かったんだよ〜。
お互いにア〜ンとか・・・しないしない。するわけないっしょ。(滝汗)

で、三宮のどこぞの通りを案内してもらった。フィギュアとかゲームソフトとか、なんかオタク向けな店が多くある通りでした。堕天使さんは俺がそういうのに興味があると思って案内してくれたそうですが、実はフィギュアには興味無かったりする。
それよりもビックリマンシールに夢中になっている俺がいた。(爆)
コンプリートセットなんて少し欲しいとか思ってしまったヨ。ヘッドロココテラカッコヨスwww

オタク通り(笑)を出て堕天使さんが靴を買ってから、ラーメンたろうぼっかけラーメンを食べました。「ぼっかけ」とは牛スジとコンニャクを甘辛く煮た物だそうです。神戸辺りでは定番らしい。味がよく染みてて美味しかったですよ。
そして食後の運動にビリヤードをしました。手玉ポケット直行&奇跡ショットが飛び交った対決はドローでした。

さて、神戸といえば明石焼です。旅行計画段階から初めての明石焼にWAKUWAKUしてたんですよ。堕天使さんが連れてってくれたのは菊兆という味のある雰囲気漂うお店。中に入るとやはり味のある、年季の入ったたたずまいでした。
明石焼(左上は酒じゃないよ水だよw)
柔らかいのを崩れないように付けダレに付けて食べる。バリ(゚д゚)ウマー
ダシの効いたタレが絶妙。堕天使さんなんて飲んでたしwww
いやー、存分に堪能したって感じです。また食べたいなー。むしろ家で作れないもんかな。タコ焼より難易度高そうだが・・・。

この後、オシャレな店で軽く酒を飲んでみたり。店の人にトニックって何?とか聞いてたような。あと、怪盗さんにイタメール送りつけて俺の飲む物決めさせてみたり・・・酔っ払いのした事ですので大目に見てくだせぇ。(苦笑)
店出てからも堕天使さんが野郎二人だけのオフを打開すべく玉子っちに電話交渉したりと、ちょっとだけテンション高く逝ってた気がする。

夜は堕天使さんの家に一泊。
B-RAPハイスクールの「軟式globe」の映像を見てたら寝るのが結構遅くなった。軟式globeテラオモシロスwwwww
出発前から堕天使さんに「耳栓必須!」と何度も言われてたのでしっかり持参。
堕天使さんが破壊的イビキをかますらしいのだが、耳栓してたおかげで全く気にならず爆睡でした。

3/20(月)
起きたのは11時頃だったかな。耳栓外すとイビキの凄さの一端を垣間見れた。うん、スゴイ。(笑)

電車に乗って北新地へ。しゃぶしゃぶ new KOBEという店でランチメニューのしゃぶしゃぶを食べました。ん〜、贅沢感タップリで腹も心も満たされました。これで1000円ですか、お得ですね。
そこからさらに電車に揺られて会津屋というタコ焼屋に行きました。タコ焼自体に味が付いているらしく、出てきたのは何もついてないタコ焼でした。食べてみるとしっかり味が付いてて美味。一応ソースみたいなのが置いてあったけど、かけない方が美味い。
よく見なかったので分かりませんが、店内には有名人のサインもありました。

ここから阪堺電車という路面電車の乗り場へ行きました。大阪に路面電車があるとは知らんかった。
最初、道路の真ん中に乗り場っぽいのがあったから行ったんだけど、実は逆方向だったと。(笑)
これじゃ初めての人は分からんて。白線だけの乗り場じゃ分かるわけなかろう。
そんなこんなで、太陽光に映える緑の列車に揺られて恵美須町駅まで行きました。
目指すは大阪のシンボル(?)通天閣。
その途中に新世界市場ってのがあって、通天閣コロッケを食べました。アツアツのコロッケは(゚д゚)ウマーでした。

さぁ、ついに来ました通天閣。下から撮るとこうなりました。
入場料600円を払って上まで行くと、展望台と呼ばれるその場所は驚くほど狭かった。全長103mだし建てられたのも結構昔だから仕方ないのかなという感じです。でも人が若干多くてやっぱり狭いなと。
それにしてもビリケンさんの存在を全く知らなかった俺は無知なのか、それとも関西圏以外の人間は知らなくて普通なのか。
足の裏を撫でるとご利益があるとかなんとか・・・皆撫でてるので俺も一応撫でときました。
ご利益の内容が縁結びとは俺にピッタリではないか。そう、年齢=かのj(以下略)の俺に。
あと、売店に冷しあめというのがあって試しに飲んでみました。あめ湯の冷たい版・・・それ以上でもそれ以下でもない飲み物でした。

さて、ビリケンさんの脇には絵馬が吊るしてあるのですが、やはり面白い物がありました。
VIPPERハッケソwww PART1PART2
今ならドコの絵馬探してもVIPPER見つける事できるんじゃないだろうか。
勇者がいた!
阪神ファンでごった返す大阪の地で堂々と喧嘩売るヤツ出現! テラカッコヨスw

帰りがけにご当地ピンズを1回やって海遊館のピンズをゲットし、通天閣を出て新世界付近をウロチョロ。串カツ食べたいという俺のリクエストにより手頃な串カツ屋を散策。どこがいいのかなんてサッパリ分からぬ我ら二人、通天閣が見える通りにある串かつじゃんじゃんというお店に入りました。席はちょいと狭かったけど不満は特に無し。
これが噂の「タレの二度付け禁止」かぁ、などと思いつつ注文したのがくるまでキャベツにタレ付けて食べてました。堕天使さんがこれをいたく気に入ったご様子。いい食べっぷりでした。
そしていざ串カツが出てくるとさらに増していい食べっぷりの堕天使さん。お見事です。俺は日本酒を軽く引っかけつつマッタリと食べてました。
さて、胃袋もかなり満たされた後半、ここで堕天使さんが爆弾投下。
バナナ串カツ!・・・ちなみにかかってるのチョコだから。(汗)
ジャンケンの結果、最初の毒味は俺。正直、一口より先は無理。どうにも温かいバナナが許せん。
とゆーわけで残りは堕天使さんの胃袋へ。

店を出ると堕天使さんはスロ屋が気になるようで、とうとう我慢できずに入店。そして何故か俺も巻き込まれ、さらに何故か1000円渡され人生初スロ。ビギナーズラックとは縁の無い俺、当然の様にアッという間に終了。
俺には何が楽しいのか良く分からなかった。同じギャンブルならやはり競馬だと改めて思いました。
満腹からくる眠気と戦いつつ堕天使さんを観戦。すると驚いた事にフィーバーしてやんの。そんな長い時間やったわけじゃないのに8000円くらい勝ってたような。

そこから大阪駅付近に行って、ボウリングやろうという事に。しかし最初行ったトコは満員で別のボーリング場へ。
もうね・・・100超えるのも一苦労なわけですよ。最初の1投目で親指の爪負傷といえども、ストライクが1回だけなんてヘタレもいいとこ。ことごとく真ん中に行かない状態で修正もできず、玉の重さを11→10にしてから何故かスペア連発で100超えました。

ボウリング終わったのが21時くらいだったと思う。そこからちょっと歩いて「きじ」というお好み焼き屋さんに行きました。ギリギリでラストオーダーが間に合ったぽい。でもメニュー決めかねてたら店のオヤッサンに半ば強引に決められてしまい(笑)、まぁ別にいいかと言いながらできるの待ってました。
しかしながらお好み焼きの味は絶品でした。バクバク食ってたね。

店を出てから、堕天使さんが紫焔流★猛さん(通称タケボーさん)に電話して出動要請。長い交渉の末、なんと来ていただけることに。
電車で待ち合わせ場所に移動して合流。猛さんは車で出動。普通の御方・・・かと思いきや東風住人にそんなのいるわけもなく(爆)、なんと表現すべきか。
あっ、ちょい悪オヤジ(マテw
もう一人召喚するかという話にもなったものの、それは断念して3人でカラオケに行きました。
冗談で言ったつもりなのに、まさか初っ端にウルトラマンタロウをマジで歌うことになろうとは思わなかった。(汗)
しかも猛さんが対抗して(?)ギャバン歌うしwwwww
この時は皆アニソン炸裂で壊れてた気がしなくもない・・・素面でな。

カラオケを朝方までした後、吉野家で軽く朝飯を食べ、俺は茨木駅に送ってもらいお二人と別れました。
猛さん、お仕事あったのに来ていただいて本当に有難う御座いました。
堕天使さん、この後どこかの山奥に捨てられたりしてませんよね?(爆)

3/21(火)
茨木→米原→大垣→浜松→熱海→大船→津田沼→幕張本郷

さすがに体力の限界。電車の中で爆睡。電車の揺れが殺人的に快感。
米原で伊吹釜めしを購入。殻付いてるエビが邪魔臭かっただけで味は良かった。無駄に立派な器は持ち帰って取ってあります。
食べて胃が満たされるとまた眠くなるのも当然で、熱海までほとんど寝てました。
そして熱海では熱海をどりを購入。今までは熱海に着くのが遅くて駅弁屋が閉まってたり乗り換え時間が短くて買う暇無かったりだったので、乗り換えで必ずと言っていい程下車してるのに駅弁をあまり堪能していない。そんなわけでチャンスと思って買ったわけです。魚といいアサリといいどれもシッカリ味が付いてて少し濃いくらいでした。ご飯と一緒に食べると丁度いい感じです。

熱海からはさすがに目も覚めたので本を読んでました。ジキール博士とハイド氏、有名ですね。確か中学の時に一回読んだ事あるはずだけど、詳細を忘れてたのでまた読んでみました。

2.愛知・神社巡り編

3/25(土)
津田沼→御茶ノ水→東京→静岡→浜松→名古屋

前日もバイトであまり寝てなかったせいで電車の中ではほとんど寝てました。この日は天気も良かったのでよく寝れました。
名古屋に着いて、まずは腹ごしらえと地下街の「矢場とん」に行ったらもの凄い行列で諦めました。他にも飲食店は色々あるので見て回ってたら寿がきやを発見。一度食べてみるのもいいかと思い早速入店。ラーメン屋では珍しい、注文すると先に勘定を済ますシステムでした。追加注文してた人はその都度金払ってて少し面倒臭い印象。
俺は白ラーメンを注文。驚いたのは出てくる早さ、5分かかってなかったと思う。食べた感想は可も無く不可も無くと言うしかない。スープのダシがラーメンにしては効きすぎてる気がしました。トンコツだろうがミソだろうがダシの味しかしそうにない感じがラーメンに使うには向いてないと思う。麺の太いウドンには向きそうだが、細麺だと絡みすぎて濃く感じました。

名古屋から名鉄の犬山線と小牧線で楽田駅で下車。そして駅から一直線に歩く事約15分、目的地である大縣(おおあがた)神社に到着。
ここに「あるもの」を求めて行ったわけだが・・・・・・建物の裏の目立たない場所にありました。
あるもの

どう見てもオ○ンコです。本当にありがとうございました。

ええ、これだけのためにここに行ったんです。マジで。
本来なら俺に最も縁の無い神社、最も場違いな神社であるのは間違いない。他の訪問者を見ても一人で来てたの俺だけ。明らかに浮いてました。この写真撮ってるのを見てた夫婦の視線が痛かったです。
こんな居心地悪い場所は早々に退散するに限ると神社を後にしたんですが、神社の前にあった看板に釘付け。

強烈アピールだなオイ。

最高の立地条件と言えるんじゃないかこれ。俺みたいに撮った奴が何人いることやら。

駅前のコンビニに寄ってから再び小牧線で一駅隣の田県神社前駅へ。駅から徒歩5分、広い道路沿いに田縣(たがた)神社がありました。
そしてやはりここにも「あるもの」を求めて行ったわけです。
あるもの

どう見ても○ンコです。本当にありg(ry

どうだこの堂々とした姿、見事な巨根ぶり。崇めるに値する神々しさを放っているように俺には見えた。奥の社に行くと大量の男根が置いてあった。無駄にリアル、なにこのオチンチンランドwww
さらにその脇に新しくできたと分かる石仏もとい石ブツが。

狙いすぎだろこれwwwww

なんだそのポークビッツは! 俺を笑い死にさせる気かwww
575の詩なんて作りやがって! 誰がうまいこと言えと言った! そして横にある説明書き

珍宝wwwww 双玉wwwww

その場に誰もいなければ笑い転げてるとこだぞ。

神社の一角に絵馬が吊るしてあったので探してみると、やはりVIPPERがいた。
VIPPERハッケソ:絵馬に痕跡残すのがVIPPERクオリティなのか?
さらにはこんなヤツもいた。絵馬に書いてる時点で直らないんじゃないかと思うのは俺だけだろうか。
そしてこの神社に最も相応しい絵馬はこれだっ!
どうだこの切実な台詞。字からしてまだ若そうだ。頑張れ。

田縣神社豊年祭
毎年3月15日に巨大チンコをかついで街を練り歩く豊年祭が行われている。
今や大量のVIPPERが押しかける祭りだろうが興味あれば逝くといいw

田縣神社を後にし再び小牧線で小牧駅へ。駅から名鉄バスに乗って10分、間々乳観音前で下車し徒歩5分。神社巡り最後の地、間々観音に到着しました。多分ここが一番場所が分かりにくいだろう。バス降りると道路の反対側に間々観音と書かれた柱があって、その側の細い道を抜けて信号を渡るとありました。
ここも当然「あるもの」を求めて行きました・・・賢明な方はもう分かったと思いますが。
あるもの

どう見てもオッ○イです。本t(ry

入っていきなりこんなの見えたので「うっわぁ〜」と声が出てしまいましたよ。そしてこれの前を通った時に・・・

ビーチクから水がっ!!!!!

センサー付きかよ!!!

さらに横の注意書きが面白かった。

要するにのぼってビーチクいじるな!ってことだろ?(爆)

小さい神社のくせに儲かってやがんなとか、馬鹿な事に金かけやがってとか思いつつ喜んでいる俺がいました。
神社内には乳をアピールするものばかり。観音様もポロリやぞ。
そして記念写真を撮るならコチラです。まさにカップルの赤ちゃんプレイ用!(マテw
を撮って、さぁいよいよ絵馬でVIPPER探しをしようとした矢先に訪問者が。

若いおなご二人組キタ!Σ(゚Д゚;)

どこからでも全体を見渡せるほど小さい神社なので、俺が若いおなごの視線に耐えられるわけがないと判断して可及的速やかに神社から退散。はい、根性なしです。_| ̄|○

またバスで小牧駅に戻ろうとしたら本数少なくて30分くらい待ちました。バス停にはもうすぐさらに本数減るという紙が貼ってありました。これから行く人は注意です。
小牧駅からは小牧線で上飯田へ行き、そして地下鉄上飯田線で平安通、さらに名城線を経由して名古屋駅に戻りました。

名古屋駅のキヨスクでバイト先の方々へのお土産を買いました。「名古屋嬢」と「名古屋城せんべい」・・・ええ、ちょっとしたシャレのつもりです。
そして自分用の土産はみそ煮込みカステーラです。味噌の味も全然気にならず普通に食べれました。他にも異端な食べ物が色々あったのでまた来る時の楽しみができました。

晩飯はやはり地下街で。再び「矢場とん」に行くもまたも大行列。。。(o_ _)oパタッ
名古屋に来て味噌カツ食べないのもアレだなぁと思い、他に無いかと探してたら双葉という店があって早速入りました。そしてバラエティ定食なるものを注文。どうだこの驚きの御飯の少なさは。見よ、このトンカツの薄さを。
出てきた瞬間ガッカリしました。これはないだろうと。地雷踏んだと思ったね。
「としあき」達よ、ここは逝くなよ。忠告はしたからな。

これだけじゃ明らかに腹は満たされないわけで、かといって知らない店に入ってまた地雷踏むのも嫌だったから以前行った店に行きました。きしめん「よしだ」、小泉首相が来たらしくその時の写真がありました。
普通にきしめん食べてもよかったけど、あえて味噌煮込みきしめんにトライしました。味噌煮込みうどんといえば去年口に合わなかった経験があるが、「この店ならば」と思って果敢に挑みました。
・・・・・・やっぱり微妙。生麺直接投入法はウドンだろうがキシメンだろうが変わらないようです。

コンビニで立ち読みして缶ビールを軽く飲んで、夜は駅付近のネットカフェで一泊しました。
事前に2ヶ所調べておいてよかった。最初行った方は満席で野宿するか一瞬迷いましたよ。

3/26(日)
10時前にネットカフェを出て名鉄に乗り中京競馬場前駅で下車。さすがに中京唯一のG1・高松宮記念、午前中からこの駅で降りる人が大勢いました。
駅前に持ち帰り専門のお好み焼き屋さんがあって、これがなんと100円なんです。俺が行った時には200円のやつしか無かったですけどね。

入場口を通り真っ直ぐ行くとパドックがあります。
ちょうどレース直前の馬がパドックを後にする頃で、何気なく見たボードにあったゴールデンボールという名。瞬時に反応した俺は遠くからだがその姿を捉える事ができました。

正直メインレース以外は興味無かったので色々食べて回ることにしました。
まずはきしめん。次に持ち帰りでジャンボ味噌串かつ。そして締めは著作権とか大丈夫なのか?と言いたいトラックで堂々と商売してたキャベ玉焼(200円)。
一応この辺がお手頃な値段で食べれる範囲だと思うが、他に吉野家やマックもあったから食うには困らないだろう。

馬券が当たればもう一泊するつもりだったけど、外れたのでそのまま千葉に帰ることにしました。
名鉄の特急ぽいのに乗って名古屋ではなく豊橋に行き、そこからJRに乗り換え。この方が余裕を持って乗り継げるんです。早く着きすぎて駅弁を買って食べながら列車待ちしてました。

豊橋→浜松→熱海→大船→津田沼→幕張本郷
ピーターパンを電車の中で読む男、決して不審人物ではありません。(笑)

3.浜松編

4/3(月)
津田沼→御茶ノ水→東京→国府津→沼津→静岡→浜松
浜松→富士→甲府→大月→御茶ノ水→幕張本郷

前日に雨が降っての快晴。これは富士山が綺麗に見えるだろうと思ってこの日に出かけました。
国府津から御殿場線に乗り換えて沼津へ。列車の中から見事な富士山がよく見えました。実はこの時期が一番冠雪が多くて、結構白く見える部分が多かったです。食い入るようにジーッと見てたら、この日の陽射しがとても気持ち良くて途中で寝ちゃってました。

乗り換えではいつも下車してるけれど浜松駅から出たのは初めてでした。駅前整備が進んでて建物や道路も新しかったです。
桜の季節という事で浜松城へ行ってみる事にしました。バスにすれば良かったなぁと思いつつ歩きました。人通りも車も(想像してたよりは)それなりにあって意外に賑わってる雰囲気がしました。やはりウナギ屋さんは結構目につきました。

浜松城は桜満開で花見客が続々と来ていました。本当に澄みきった空で、そのおかげか浜松城から富士山をハッキリと見る事ができました。オバちゃん集団に写真撮ってあげたりしつつ一通り見て回ってから浜松城を後にしました。だってオナカ空いてたんだもん。
浜松に来た最大の目的はウナギだったから早く食べたかったんです。

浜松駅の近くに飲食店が固まってる一角があって、そこに曳馬野というお店がありました。ここはオバさん3人とオジさん1人がお店を切り盛りしてて店内の雰囲気も年季が入ってました。
うなぎ入り玉子焼きうな丼、そして肝焼き&肝吸いが付いて1200円だったかな。これは良いパフォーマンスだと思う。ウナギは一度蒸してから焼いてるらしくて凄い柔らかくて美味かったです。
そして2店目は線路下にあるコスタ浜名湖。ここではうな重を注文しました。この写真では分かりにくいけど端っこが焦げすぎでした。さらにめくって皮の方を見るとアイタタタって感じでした。皮の切れが悪くて引きちぎるようにして食べましたよ。う〜ん、完全にミスった。

駅で少し時間があったので静岡県限定プリッツさくらそばを買いました。この手の限定プリッツは見た事はあったけど買ったのはこれが初めてです。これから行く先々で買って回るのもいいかもしれない。

浜松を後にして富士から身延線に乗り換え。身延線は富士から1時間弱くらいは富士山が良く見えました。ただ、線路がクネクネ曲がってるので富士山が右行ったり左行ったりでちょっと落ち着かなかったかな。富士山が見えなくなってからは山の中を走ってばかりでつまらなかった。それに日も落ちて遠くに明かりが見えるだけ。「青い鳥」を読みながら帰りました。

4.あとがき

今回はグルメ旅の要素が強い内容になってしまいました。大阪行きが決まった時に食い倒れだなんだという話が出たので、それなら残りも食べ物ネタで行こうかと思ったわけです。
ちょうどそんな時にナイスな神社情報をゲットしまして、それなら競馬リベンジも含めてまた名古屋に行くぞと。今回唯一の食べ物以外のネタなので気合だけは十分でした。もの凄い場違い感を味わう羽目になりはしましたが達成感はあります。
3回に分けて各地を巡ったわけですが、どれも前日にバイトがあったため電車の中で寝てる時間がかなり多かったです。列車の心地良い揺れは物理の授業に匹敵する睡眠誘導効果があると思います。それでも乗り継ぎミスが無かったのは携帯の目覚まし時計のおかげです。

それでは最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。