TOP > 旅行記 > 18きっぷ旅行記6

18きっぷ旅行記6

旅行期間:2006/8/27〜28、9/1〜3




0.はじめに

今回は新潟と松島・盛岡へ行きました。見所はグルメ以外はあまり無いような気がします。観光らしい観光は松島だけです。新潟へは競馬を見に行っただけですしね。(笑)
内容もあんまりないんで、チャチャッと読み流す感じでいいっす。


1.新潟編

8/27(日)
津田沼→秋葉原→上野→高崎→水上→長岡→新潟→豊栄

今までで最大のミスを犯しました。

行きの行程で乗り継ぎミス!!!Σ(゚Д゚;)ズガーン

ケータイの目覚ましを掛け忘れて水上駅に着いたのに気付かず爆睡。かろうじて折り返し運転の列車からは降りたものの、長岡行きの列車をホームの反対側から見送る事になり、一人ポツンとホームに取り残されました。こうやって書いてる今こそ笑って済ませれますが、この時はかなりヘコみました。_| ̄|○

水上駅は山手の駅でこの日は雨模様でした。まるで俺の涙雨だな・・・なんて思いながらホームのベンチで呆然とする事約10分。済んだ事を悩んでも仕方ない、と頭を切り替えて一心不乱に読書。(苦笑)
星新一の作品を3冊も用意してたのは不幸中の幸いでした。面白いから気分も段々ノリノリになってきて、暗い気分も随分と和らぎました。

しばらくすると長岡行きの列車が来たので、乗り込んでずっと本を読んでました。当初の予定より2時間くらい遅れて水上を出たのかな。
水上を出るとやたら長いトンネルに入って、しばらくずっとトンネルの中でした。青函トンネルを除くとこんな長いトンネルは初めてな気がします。そしてトンネルを抜けるとメチャメチャ快晴。山を挟んで天気が真逆だったようです。

長岡で待ち時間があったので駅弁を買ってホームのベンチで食べました。帆立の混ぜ御飯が最高でした。
そして長岡を出て新潟駅に着いたのが14時前。本当なら12時前に着いて、駅から新潟競馬場直通のバスに乗る予定だったのですが、こうなってしまった以上は仕方ないので、白新線で豊栄駅まで行ってそこからタクシーで新潟競馬場に行きました。昼間なのに割増料金で2000円もかかってしまったぜ畜生!

この日のメインレースはG3・新潟記念。白新線が遅延してたので少々肝を冷したが、着いたのが15時頃だったのでパドックで出走馬を見る事ができました。性懲りも無く馬を見て買った馬券は見事に外れました。買い目が複勝圏内にすら入ってないというダメっぷりでした。
さて、勝ったトップガンジョーに騎乗した後藤浩輝騎手、勝利ジョッキーインタビューで夏の甲子園優勝投手・斎藤佑樹選手をパクって青いタオル出したものの、レース発走が遅れたせいでTV中継に間に合わず、翌週放送されるというオチを付けてくれました。

メインレースの後はしばらく建物内をウロウロしてました。海が見えるという話だったのだが全然見えませんでした。有料区域の上の階じゃないと見れないのだろうか。
後、新潟競馬場と言えば直線1000mのコースです。アイビススタンドの建物から見てもスタート地点は遥か彼方にありました。生で直線1000mのレースを見たかったなぁ。
帰りは新潟駅直行の有料バス(500円)に乗りました。40分くらいかかったかなぁ。道路がひどい渋滞だったからもっとかかったかもしれません。新潟競馬場は交通の便が悪い代わりに、車で来れるように駐車場だけはやたら広かった印象です。

新潟駅では土産物屋で買い物をして、後は駅内の待合室で閉め出されるまで本を読んでました。この日だけで3冊読破し、新潟まで何をしに来たんだと言われそうなくらい読みました。いやまぁ、競馬観戦だけが目的だったので他に何も考えてなかったんですが。
飯は駅前のローソンで適当に買って食べ、夜は駅の真正面のドアの前で寝ました。風がちょっと強かったですが特に問題も無く寝れました。

8/28(月)
新潟→新津→会津若松→郡山→黒磯→宇都宮→大宮→秋葉原→幕張本郷

5時18分の電車に乗って信越本線で新津へ行き、そこから磐越西線で会津若松を経由して郡山へ行きました。会津若松では待ち時間を利用して駅弁を買いました。深さがあって食べにくかったけど味は良かったです。下のチキンライスといい上の肉といい、少しコッテリだけど空腹を満たすにはもってこいでした。
会津若松の辺りは観光地らしいので、気に入ったスポットがあれば旅行してみたく思い、駅でパンフレットをゲットしました。自然あり、グルメあり、伝統工芸ありと、なかなか見所満載のようです。

そして郡山では1時間くらい待ち時間があったので、少しだけ駅から出てみました。なんだか噴水が色々あって水の街を売りにしてるみたいです。そして何気にネタがあったぞ郡山。
もえよ:普通にこう読んでしまいましたが何か?
白ポスト:未だにこんなものが存在するとは!

郡山でも駅弁を買いました。3種類の地鶏使ってるのでとてもお得な感じです。
さらに宇都宮でも駅弁を買いました。この日買った駅弁は全部チキンでした。とんだチキン野郎だぜ。(笑)

食べてばかりだったので眠る事もなく、夕方には家に着きました。


2.松島・盛岡編

津田沼→秋葉原→上野→宇都宮→黒磯→郡山→福島→仙台→松島海岸

9月1日(金)
午前3時半、前日もバイトで睡眠時間6時間弱、疲れの抜け切ってない状態で家を出ました。宇都宮から福島まではあまり座れなくて辛かったです。
福島駅では待ち時間が40分くらいあって、本来は駅弁を買う絶好のチャンスなのだが、ここの駅弁は新幹線専用スペースにあって、入るのに入場料を出さないといけないようでした。福島駅は新幹線乗らない奴は駅弁食うなと言いたいみたいです。
仙台駅に着いたのが12時12分。そこから仙石線に乗り換えるのだが、仙石線乗り場が少し遠かったです。でも分かり易いので迷う事はないでしょう。駅のホームでは旅行用トランク持ったカッワイイ女の子をチラ見してました。

松島海岸駅はおおよそ日本三景の1つの主要駅とは思えない程ボr・・・小さい駅で拍子抜けしました。かといって近代的駅じゃ雰囲気ブチ壊しだしねぇ。
駅の観光案内版を見ると橋が3つあったので1つずつ周って行く事にしました。
渡月橋:雄島へ掛かる橋。
透かし橋五大堂に掛かる橋で真下が見れる。手前にお土産屋がある。
福浦橋:福浦島へ掛かる橋。有料(200円)で専用入口がある。
島の中も一通り歩いたので大体1時間くらいかかりました。曇り空だったので期待以上の景色というわけにはいきませんでした。それに島の中から見ても木が邪魔なので、撮影メインという人は山に登るしか無さそうです。

駅に戻る道では海沿いの道路に立ち並ぶ土産物屋を見て回って買い物をしました。牛たん饅頭は美味かったなぁ。
本当はそのまま駅に行っても良かったんだけど、折角だから船で島々を見て帰るのもいいかなんて思って、乗船券発売所で1400円払って船に乗りました。いくつかコースがあった中で、島々を見て塩釜に向かうのを選びました。松島海岸駅よりJRの本数が多いという話だったので。
乗客は、親子連れの3人、カップルの2人、一人旅らしき女性、そして俺の7人。まぁ多いよりは少ない方が落ち着くので良かったです。波に削られた岩壁はなかなかどうして見応えがありました。形から由来した岩や島の名前を説明されたのだが、星座と同じで見様によってはそう見えなくもないなーって形をしてました。
穴の開いた岩:おそらく一番有名なやつ。
ガメラwww:背中に乗ってみたい(爆)

塩釜港から歩いて10分くらいで本塩釜駅に着き、そこから仙台へ戻りました。仙台では何するか特に決めてなかったので駅付近をブラブラと歩いてました。商店街を歩いていたらダイエーがあったのでそこで飯買って食べて、後はしばらく本屋で立ち読みしてました。夜はネットカフェで徹夜しちゃいました。

9月2日(土)
ネットカフェを出たのが朝の5時くらいで、仙台駅にから6時ちょうど発の電車に乗り、一ノ関で乗り換えをして盛岡駅に着いたのが9時過ぎでした。
わざわざ盛岡まで行ったのにはワケがありまして、冷麺というものを一度食べてみたいと思ったからです。そしてどうせなら色んな店を食べ歩きたいな、と思ったわけです。
冷麺だけでなく主だったお店の位置が表記されている観光マップを駅の観光案内センターで貰って、それを頼りに行ってみる事にしました。時間もたっぷりあるし、腹を空かす必要もあったので全行程を歩きました。

で、まず朝から何も食べてなかったので駅地下の店で最初の1杯を頂きました。最初のお店は三千里冷麺。麺はラーメンより太くウドンより細くて若干硬め仕上げ、スープはダシが効いててキュウリは浅漬けでした。サッパリしてて食べやすかったです。

この日の盛岡は非常に天気が良くて歩くには最高でした。
まず駅から歩いてすぐの所に開運橋があります。濃い緑の葉が太陽に照らされて輝いてるように綺麗でした。急に運気が上がったような気分にさせてくれました。
そこを渡って真っ直ぐ盛岡城跡に向かって歩きました。まぁ城跡なので特に何も無かったです。城自体に高さも無く、高い木がこれでもかってくらい立ち並んでるので見晴らしもイマイチでした。城跡を出てさらに歩いてマップに載ってた冷麺のお店に行くと驚いた事に潰れてて(苦笑)、そのまま近くの八幡宮に行きました。我が旅の恒例になりつつある絵馬チェック、受験合格祈願が大半を占める中にありました。
親孝行:もっと現実的な方法を考えるべきだ。(ノ∀`)アイター

再び駅に向かって歩き、大通りアーケード街の脇道に入った所にある元祖平壌冷麺の看板を掲げたお店で冷麺を食べました。ちょうど昼時だったので店内はほぼ満員でした。スープは味が薄くて水っぽかったけど、肉にはしっかり味が付いてました。カクテキも美味しかったです。辛さが選択できるのもグッド。
店を出て、県庁にある天然記念物の石割桜を見に行きました。見て分かる通り、ものの見事に石が真っ二つです。生命の力って凄いですねぇ。ただ、木自体がかなり老いてて葉が枯れてる部分もあるので、後どれくらい保つのかは分かりませんね。

ほとんど寝てない影響がこの辺で出ました。場所は違えどまた三千里に入っちゃいました。しかも気付いたの店出てからだったし。(爆)
ちょうどランチタイム中だったのでランチセットを食べました。全体的に薄味で麺が異様に短かったです。スイカが付いてるのはスタンダードなのだろうか。とりあえず、駅地下の方が美味しかったです。

さすがに腹一杯で眠気もピークだったので、駅に戻ってお土産を買って待合室でしばらく寝てました。この待合室の中にドリンクの店があって結構人がいたので落ち着かなかったです。それでも2時間くらいウトウトしてましたが。
16時くらいに再び駅を出て、駅前にあるぴょんぴょん舎というお店でこの日4杯目の冷麺を食べました。実はあまり腹減ってなかったんだけど、アッサリサッパリで食べやすくてサラッと完食しました。でもさすがにこれが限界でした。駅前のベンチに横になってしばらく休んだ後、再び仙台に戻りました。

9月3日(日)
仙台→いわき→上野→秋葉原→幕張本郷

仙台駅で野宿して5時半発の常磐線の電車で一気に帰りました。海が見えるかと期待してたのですが全然見えませんでした。見える気配すらありませんでした。いわき駅で駅弁を買って食べた以外はほとんど寝てました。


3.お土産紹介

一部レシート紛失につき値段不明。

新潟
イノシシカレー:普通。至って普通。
新潟おっぱいプリン:開けたら無駄に可愛いブラしてやがったwww 368円。
お酒のシャーベット:これ凄く美味しい。オススメです! 八海山263円、地酒231円。
キャラメル3種:食べる前から笹だんごは危険だと。。。 各136円。

松島
牛たんカレー:味は普通だけど肉やわやけー。525円。
黒毛和牛カレー:肉よりマッシュルームの存在感の方が上。(苦笑)
海豚ちゃんのクッキー:水族館行けなかった代わりに衝動買い。420円。
三陸鯨カリー:驚くほど肉が固い。

盛岡
鮭カレー:ジャガイモのせいか汁気が少ないが具沢山。鮭の身は素揚げしてるっぽい。315円。
マグロカレー:ひよこ豆ってのが入ってる。食感良し。525円。
茎わかめカレー:中身の画像撮り忘れたけど、球体のコンニャクが入っている。肝心の茎わかめの食感がイマイチ。420円。