×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > 旅行記 > 18きっぷ旅行記7

18きっぷ旅行記7

旅行期間:2007/3/21、31、4/6〜9




0.はじめに

JR発足20周年を記念して8000円という安さで発売された2007年春の青春18きっぷ。日帰り旅行でも十分元が取れるので今回は近場に行ってみました。時間に追われる乗り継ぎから解放された旅を楽しみました。


1.東京田舎・奥多摩

3/21(水)
この日は東京の奥地、奥多摩へ行きました。総武線から中央線、そして青梅線と、3時間くらい電車に揺られて奥多摩駅に着きました。途中の青梅駅で乗り換え待ちの間におでんうどんを食べました。別におでん無くても良かったとも思うけど、まぁ物珍しさでついつい。

それにしても青梅を過ぎてからの田舎景色っぷりは東京とはとても思えなかったです。奥多摩駅を出ると尚一層そう思いました。こりゃまたスゴイ所に来ちゃったなぁって。(笑)
駅前の観光案内所で観光マップを貰い、事前に鍾乳洞へ行くのは決めてたのでその事を言うと鍾乳洞の入場割引券をくれました。そしてバスが1時間くらい来ないから近くの遊歩道を歩いてきたらどうかと言われて、そのマップも貰って行ってみました。

駅前の道路脇にある遊歩道への階段を下りると目の前に広がる穏やかな空間。これこそ田舎という雰囲気がありました。
遊歩道は川の両側にあり、画像の橋を渡って反対側の遊歩道も歩きました。ずっと歩いて行くと氷川小橋という吊り橋がありました。 そんなに高さはないけど、やっぱり軋む音がすると結構ドキドキしました。
これが吊り橋効果か。(爆)
そこからさらに歩くと2つ目の吊り橋、登計橋(とけいはし)がありました。この辺に来た時には川の流れる音と鳥の鳴く声しかしなくて、心が解放されたような気分になりました。
遊歩道は歩きにくい場所も少しあったりしたけれど、日常を忘れて旅行気分に入り込むには丁度良かったです。

11時頃のバスで日原(にっぱら)へ。目的地は日原鍾乳洞。平日はバスが途中までしか行かなくて、バス降りてから30分弱歩きました。
いやもうとんでもない田舎。携帯電話開くと圏外だったもんwww
一応家らしき建物もあって人住んでるんだろうけど、住人らしき人に全然会わなかったのは何でだろう?
家だけあって無人だと不気味でしかないんですが。(滝汗)

とにかく道路を奥へ奥へと歩いて、ようやく日原鍾乳洞に着きました。パッと見、人気スポットではないのは明らかでした。これじゃ鍾乳洞もたかがしれてるなと思いました。そして実際その通りでした。
もっと美しい世界が広がってるのかと思いきや、薄暗くて岩の棒みたいなのが生えてるだけでした。
鍾乳洞ってこんなもん?
そう思わずにはいられませんでした。しかも階段はメチャメチャ急で、20代の俺でも慎重に上り下りしないとスッ転びそうでした。一応全部見て回ったのだがそれ程見所は無く、一般人にとっては特に楽しめる要素は無い気がします。
ただ1つだけスゲーって言わずにはいられなかったのはこれかな。この光る丸いやつ、全部岩に張り付いた1円玉なんです。すぐ側に小さい社みたいなのがあったから、訪れた人が賽銭感覚で貼り付けていったのだろう。

鍾乳洞の中は大して広くないので1時間もあれば余裕で全部見て回れました。でも鍾乳洞を出ても外には何もないわけで、結局来た道を歩いてバス停まで行き、奥多摩駅へと戻りました。
そして駅前のお土産屋さんで葉わさびの佃煮&わさび焼酎を買いました。水が綺麗な場所でこその特産物です。
その後、駅の2階にある店で手打ちそばを食べました。量が少ないのは観光地仕様です。(苦笑)

奥多摩なら釣り掘もあるし奥多摩湖もあるから釣りすりゃいいんだけど、さすがに一人じゃツマラナイだろうと思ってやらなかったです。それに下手に釣り堀なんぞ行って家族連れに囲まれた日にゃ居たたまれないのでね。
そんなわけで特にする事もなくて早めに帰路についたので夕方には家に着きました。


2.レッツゴー草津温泉

3/31(土)
乗り慣れた始発電車で草津旅の開始です。
でも慣れたとはいえ、やっぱり朝早すぎ。電車の中ではほとんど寝てました。
高崎駅では乗り換え待ちの間に駅弁を買いました。腹減ってたので吾妻線の電車の中ですぐ食べました。

長野原草津口駅からバスで30分くらいで草津温泉近くのバスターミナルに着きました。そこから信号を1つ渡って下り道を行けば、草津名物の湯畑が目の前に現れました。少し鼻を刺激する硫黄の匂いがしました。
その湯畑に面した場所に湯もみと踊りと書かれた建物があって、ここでちょっとした湯もみショーをやってるみたいなので入ってみました。
この画像を使って説明しますと、でっかい板で熱すぎる源泉の温度を下げるのを湯もみっていうらしいです。お客の方も体験できるので、やってみたい方は是非。
あと、2階への階段を上がった所の壁に漫画家の絵がサイン付きでありました。大御所の人達ばかりですね。

その後、湯畑から10分ちょっと歩いた所にある草津熱帯園に行きました。入口のある建物から熱帯園の建物に入ると、熱帯の魚に始まり、蛇、トカゲ、ワニなどの爬虫類、それに色鮮やかな鳥。とにかく色々いました。
年長者懐かしのエリマキトカゲウーパールーパーもいました。ウーパールーパーは正式名称をメキシコサラマンダーというそうです。
さらに、ちょっと前に話題になったカミツキガメもいました。こんなデカイのに噛まれたら怪我じゃ済まなそう。(汗)

一通り見て回って建物に戻って、今度は昆虫の標本が並んでる所を見ました。そこに世界各国の国蝶の標本がありました。日本はオオムラサキっていう蝶らしいです。俺のイメージだとモンシロチョウだったんだが。(笑)
そして蝶やカブトムシの標本に混じって蛾の標本がありました。
こんなデカイ蛾が出た日にゃビビるぞ。てか、この大きさなら蝶でもビビるわっ!
最後に、人の古い角質を食べる魚がいる水槽があって、そこに手を突っ込んでみました。結構食いつき良かったですwww

熱帯園を出ると大雪で驚きました。山の天気は変わりやすいというが、まさか雪とは。寒いのは標高が高いせいだけではなかったようです。折りたたみ傘を持って行ってて良かった。
寒いし腹も減ってたので、湯畑の近くの龍燕という店で海老入り塩ラーメンを食べました。海老は軽く中華な味付けして揚げしてました。アッサリが持ち味の塩ラーメンの具に油使うのってどうなんだろうと思いながら食べてましたね。

店を出ると雪は雨に変わってたけど相変わらず寒かったので、湯畑の側にある足湯に浸かりました。画像は熱帯園に行く前だったので人が大勢いますが、俺が浸かった時は空いてました。一応温泉に入る準備はしてたけど、天気もあんまり良くないし気分も乗らなかったので足湯だけで帰る事にしました。
だって俺の想像以上に若いカップル多いんだもん。温泉なんて年寄りが来る場所じゃねーのかと心の中で激しくツッコミ入れてました。

で、足湯に1時間も延々と浸かった後、近くの土産物屋で幾つか買って帰りました。
次行くとすれば彼女できた時だろうなぁ。(もう二度と行かない可能性大w)


3.桜花賞生観戦

4/6(金)
金曜日も休みが取れたので2日かけて大阪に行く事にした今回、名古屋で一泊しました。
名古屋までなら8時間もあれば着くので十分な睡眠を取って、家を出たのが昼過ぎでした。天気が良かったので桜が映えて綺麗でした。そして熱海付近で見えた海も青々と澄んでいました。

名古屋に着いたのが21時前だったので、これは飲み屋だなという事で駅付近をウロウロしてたら高架下に幾つか店が並んでるのを発見しました。その中でも「幻の手羽先」という赤提灯を付けた世界のやまちゃんという店があって、そういや名古屋名物の手羽先を食ってなかったなと思ってこの店に決定しました。ちなみに駅付近にチェーン店がゴロゴロあるみたいです。
手羽先は辛口の味付けでビールにメチャメチャ合いました。あと、赤味噌でモツを煮込んだどて煮も美味かったです。

ホロ酔いで店を出て、以前もお世話になったネットカフェへ。ここで少し漫画読んで寝ました。

4/7(土)
ネットカフェを出て、午前中は名古屋城へ行きました。前行った時は愛知万博のせいで金のシャチホコがいなかったのでね。

名古屋城の周りは桜が満開で花見客や観光客が大勢いました。入場料を払って中に入ると城の姿をハッキリと見る事ができました。そしてついに金のシャチホコの姿を捉えました。天守閣に向かう道の途中で絶好の写真スポットがあってそこで撮りました。
勿論、天守閣にも上りました。人が多くてちょっとウザかったんですが一見の価値はありました。5階か6階に石引き体験のコーナーがあって、カップルや家族連れが群がって挑戦してました。引っ張る強さで60kgまでのメモリが動いて、とりあえず俺でも50kgいきました。

売店で五平餅を食べて城を出る頃に小雨が降ってきたので、バスで名古屋駅に戻りました。昼飯は「矢場とん」のわらじとんかつ定食。久し振りに食べたけどやっぱり美味かった。

ネットのお友達・ぱるさんとの待ち合わせが大阪駅に17時だったのですが、米原出て1分で列車が緊急停止するトラブルなどもあって5分くらい遅れて着きました。でも無事に合流して、そこから甲子園口駅に行きました。
ぱるさんには大阪行く度に美味しいお店に連れて行っていただいてまして、今回は「てんてこ」っていうお店でお好み焼き&そば飯を食べました。ボリュームあるお好み焼き2つそば飯は結構な量でした。二人共腹一杯になりました。

食べながらしてた話は・・・・・・恋愛指南???(爆)
んーまぁ、彼女を作る方法みたいなのを伝授(?)してもらいました。
成果は・・・期待しないで。(*ノノ)

この後ミスドに入って、翌日の競馬の予想などをしました。そしてこれが俺の初ミスド。ポイントカードくれたけど使いそうに無いなぁ。(笑)
で、大阪戻って少しカラオケしてネットカフェ突入。

4/8(日)
ネットカフェに長居しすぎて出たのが7時くらいでした。コンビニで飯買って阪神競馬場に着いた時にはすでに凄い人の数が並んで開場待ちしてました。それでも運良く記念入場券をゲットできました。
メインの桜花賞までチョロチョロと馬券は買ったもののダメでした。でも桜花賞はかろうじて的中して、ついに遠征生観戦競馬での馬券連敗をストップさせる事に成功しました。もうこれだけで満足です。

桜花賞出走前にぱるさんのリアル友達さんが合流してて、レース後に3人で近くのマクド行ってだべってました。で、その方とは電車の途中で別れて、再びぱるさんと2人で大阪へ。
そして大阪駅近くのラーメン屋で晩飯を食べて、ぱるさんともお別れ。次の日仕事だったそうなので仕方ないです。

俺は近くの漫画喫茶で寝ました。10時間980円という格安料金の理由は、仕切りも何も無いオープン席だからでした。あれは漫画だらけの図書館と言った方が良さそう。漫画喫茶ってレベルじゃねーぞ!(笑)

4/9(月)
大阪駅から始発に乗って帰りました。熱海くらいまではほとんど寝てたんじゃないかな。


4.最後に

日帰り旅行は特に計画立ててなかったので微妙に時間を持て余しました。興味を引くようなものが少なかったというのもありますけど、旅行計画を立てる時間があまり無かったというのが痛かったです。やっぱり一人旅の場合はしっかりリサーチしてから行くべきだと感じました。

内容的には少なめですが、個人的には桜花賞生観戦が一番充実した旅行でした。美味しい店を色々知ってるぱるさんには感謝感謝です。ぱるさんのおかげで大阪行く時は何のリサーチもしないで済みます。(笑)

それでは読んで下さった方々に感謝しつつ、これにて今回の旅行記の締めとさせていただきます。
ありがとうございました。