×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > 旅行記 > 一筆書き旅行記1

一筆書き旅行記1

旅行期間:2009/4/3




0.はじめに

東京近郊の特例区間では通過駅が重複しない限り、どういう経路であっても最短距離の金額で乗る事ができるというルールを利用して、1駅分の切符で遠くに行っちゃおうというものです。
これは一般に「一筆書き旅行」とか「大回り旅行」とか言われてる方法の1つらしいです。お金は掛かりますが特例区間以外でも使える手法です。詳細は「JR、一筆書き」でググった方が分かると思います。

今回は沖縄に行く前で遠出をしている暇が無いので、安上がりな日帰り旅行をしてみました。


1.コース

幕張本郷5:11発総武線各駅停車
千葉5:23着
5:46発内房線
安房鴨川8:51着
9:39発外房線
勝浦10:07着
10:19発
大網11:19着
11:22発東金線
成東11:39着
12:02発総武本線
松岸12:51着
13:19発成田線
成田14:42着
14:45発
我孫子15:27着
15:47発常磐線
上野
 山手線
秋葉原 
 
東京 
 京葉線
西船橋 
 総武線各駅停車
津田沼 
上野から後は寄り道しながらなのでダイヤ不明です。
コース全体図はこちら


2.本編

目覚ましは4時にセットしてたんですが、布団から出たのは4時半くらいでした。バタバタと準備をして5時頃に駅に着きました。
130円の切符を買ってホームに行くと、4月から首都圏のJRで全面禁煙がスタートしたようで、その告知をしていました。最初JR東日本全駅かと思って歓喜したのがヌカ喜びに終わりました。まぁ徐々にって事では第一歩を踏み出しました。

朝バタバタしたせいで何も食べれなかったので千葉で何か食べようとしたらドコも開いてませんでした。そこまでは予想できてたのですが、まさかコンビニまで閉まってるとは。(苦笑)
よく考えれば改札通って中に入らないといけないコンビニが24時間営業なわけないですよね。

そんなわけで朝飯を食べれないまま電車に乗ったわけですが、安房鴨川まで3時間を飲まず食わずかと若干萎えました。
内房線は海を眺めながら乗れるんだろうなという期待はしない方がいいです。たまに視界が開けて綺麗な海の景色が見れはしますが、割と海から離れたり建物があったりして満足できる程は見えないと思います。でもこの日は天気が良かったので見えた時の景色は確かに綺麗でした。
安房鴨川からは外房線に変わり、勝浦で乗り換え、大網へと乗り継ぎました。勝浦までは特急車両を普通列車として運行してました。さすがに乗り心地は抜群です。

大網では東金線のホームだけ少し離れた所にあって少し焦りました。そして列車に乗り込むと、唐突に知的障害者の高校生に絡まれした。(滝汗)
いきなり手を握られたり軽く抱きつかれたりと、たった1駅だけだったけどエライ目に遭いました。あと、親指立てたり小指立てたりしてアピールしてきたのがスゲー怖くて分からないフリをしました。このチェリーボーイにアッー!な展開は勘弁して欲しいです。(吐血)
昔から思ってた事ではあるが、自分は絡みやすい、あるいは声を掛けやすい人間に見えるんじゃないかと思います。不良にも割と絡まれやすかったし、観光地に行けばカメラのシャッターを頼まれたり、あるいは道を尋ねられたりと、心当たりがありすぎます。

東金線、総武本線に乗ってて思ったのは、ここは本当に千葉県なのかという事です。とにかく畑が多くて、東北や九州で見たような光景が目の前にあるのが不思議だったし信じがたかったです。
成東や松岸なんて車の音すら聞こえない閑静っぷりで、反対側のホームの話し声や炭酸飲料を開けた時のプシュって音まで聞こえるくらいでした。当然、人の数も完全に田舎という少なさでした。電車に大勢乗ってるのを見て初めて、ここは千葉なんだと思い出すレベルでした。
参考:総武本線(成東付近)の車窓から

松岸で次の電車を待ってた時、男子高校生がお婆ちゃんの手押し車を持ってあげて連絡橋を渡ってるのを見ました。
最近の若い子も捨てたもんじゃないと思ったのですが、きっとこういうのは年齢の問題ではなくて、その人自身の育ち方や考え方の問題なんだろうなと思いました。だから年下であってもこの男子高校生を凄いと思うし尊敬します。
ほのほのする光景でもあり、考えさせられる光景でもありました。

成田では駅内に食べる物がありそうでしたが乗り換え時間が短くて、結局何も食べれずじまいでした。そんなわけでこの日最初の飯は我孫子で食べる事になりました。
一筆書き旅行は駅から出れないので、キヨスクすら無い内房外房は乗る前に飲食物を用意しておかないと危険です。

我孫子にはホームに弥生軒という店があって、山下清さんが働いていた事があるそうです。その弥生軒の名物がから揚げそばです。

デカイ!!!

名物と言われるだけの事はあって凄いボリュームです。画像はから揚げ2個タイプで440円しますが、1個のタイプもあってそっちは340円だったかな。衣がデカイだけじゃないかと思ったら全然そんな事なくて、ガッツリ肉が詰まってました。
残念ながら揚げたてではなかったですが、揚げたてなんて熱すぎて逆に食べづらかったかもしれません。空腹にから揚げは結構ヘビーでしたが腹は十分に満たされました。電車1本遅らせた甲斐はありました。
我孫子からは快速で上野に行きました。都心の駅中は充実しているので期待してはいましたが想像以上でした。飲食店がこれでもかってくらい並び、全国各地の有名駅弁を集めた店もありました。お土産も地方色豊かな商品が並んでいて、わざわざ行かなくてもここである程度揃いそうな感じでした。

そんな中にあって異彩を放っていたのがTHE STUDY ROOMという店でした。地球儀とか宇宙食、天体観測道具やさまざまな石などが置いてありました。一言で言えば「理科のお店」です。
これがなかなか知的好奇心をくすぐられて、狭い店内に1時間以上いてグルグル見て回ってました。万華鏡を覗いて一人で盛り上がったりしてました。(笑)
自分は前から少し興味のあったを買ってみました。透明なのが水晶、クリスタルです。万能の強運石で潜在能力を引き出すといわれ、自分の星座である蟹座の守護石です。黄色と茶色の石が虎目石、タイガーアイです。やる気と決断力を強くし、仕事運と金運を上昇させてくれるそうです。そして青いのが染トルコ、ハウライトトルコという石です。災いや危険から守ってくれるそうです。
沖縄自転車旅のお守り代わりです。

上野から秋葉原へ。秋葉原では総武線各駅停車の千葉方面に向かうホームにあるMILK SHOP LUCKという牛乳のお店に寄るために下車しました。いつも気になってはいたんですけど普段は利用しないので、こういう機会に行っとこうと思ったんです。
自分はパスチャライズコーヒーというコーヒー牛乳を飲みました。生乳90%というだけあって牛乳が濃かったです。

そして東京へ。時間帯が悪かったというのもありますが人でごった返していました。そんなウンザリな状況で飛び込んできた、京葉線のホームまで約520mという表示にはイラッときました。エスカレーターで横に下にと移動してようやくホームまで着きました。東京駅は京葉線といい総武線快速といい、千葉に嫌がらせをしているんじゃないかってくらい使い勝手が最悪です。
東京も駅中が充実してました。飲食店、お土産店は当然のことながら、ユニクロがあったのは驚きました。もう本当に何でもアリなんですね。

本当は京葉線から夕焼けの海を撮りたかったんですが、上野で時間を食ったので夜になってました。春休み中だからディズニー帰りの連中が乗ってきて満員になるし、京葉線は本当にいい事なしでした。葛西臨海公園の観覧車がピカピカ光ってるのを見たくらいです。これは一度乗ってみたいです。

西船橋では全面禁煙を確認して少しガッツポース。中山競馬場に行く奴等の溜まり場消えたー。(喜)
ここ数年でドンドン進化してる西船橋の駅中。その中にあるKALDI COFFEE FARMというコーヒーのお店には海外のお菓子や調味料が売ってあって、自分はインスタント麺と缶コーヒーを買いました。タイのラーメンと焼きそばです。焼きそばは袋麺なのに湯切りしろとか面倒臭かったです。でも1袋約300Kcalとカップ焼きそばの半分くらいのカロリーで、ポークだバジルだと美味しかったです。でもトムヤムクンぽいやつの酸味は何度食べても慣れないです。不味くはないんですけどねぇ。
缶コーヒーは少しだけミルクと砂糖が入ってたみたいですが、コーヒーの味がシッカリしていて自分好みの味でした。

そして20時前に津田沼に到着。130円の切符で改札を出ました。

下車駅一覧


3.感想

千葉は無理としても23区内の駅中なら1日遊べると思います。特例の範囲が広くて高崎や横浜にも足を伸ばせるので、おそらくネタに困る事はないです。1駅分の金額なので気軽に実行できるのもいいですね。帰りたくなったらすぐ帰れるしね。
自分は全部で1500円くらい使いましたが、お弁当を持って人が少ない静かな駅に行けば安くピクニックぽい事もできるでしょう。本数の少ない路線なら穴場も色々あるでしょう。暇潰しに本や音楽プレーヤーを持っていくと尚良いです。

同じコースでも降りる駅によってまた違った旅になるわけで、安く自分好みの旅をするにはもってこいだと思います。ただあくまで駅の中だけで改札を出れないので、本格的な旅行や観光というわけにはいかないです。暇な日に思いつきでやるくらいでいいです。
気分転換になって良いと思います。